令和になりました!

こんばんは!ギタリストの前野直也です!

令和になって初のブログ更新です。
計らずも昭和、平成、令和と3つの元号を生きる男になってしまいました。
TVでも言われ尽くしたことですが、お祝いムード満載で元号が代わると言うのは良いですね。平成の時は昭和天皇が崩御されたので自粛ムードも強かったですからね。

令和は戦争も天災もなく、事故とか事件とかもなるべく少なく、平和な世界になると良いなぁと思っています。

新しい元号「令和」の初仕事は平成最後に書いたブログの誤字を直すことでした(ご指摘下さった皆様ありがとうございます)。
令和の目標は誤字を無くすに決定です。

…まぁそれもありますが、昭和・平成で出会った沢山の皆様とのご縁を大切に、音楽良いね!音楽やって人生楽しい!と思ってくださる方をもっともっと増やしていきたいです。

さて、令和になってこの2日間はレッスン以外は殆ど自宅で弾きこもっておりました。

と言うのも明日(日付で言ったらもう今日ですね)5月3日に、令和になって初めてのライヴがあるのです。

B’zのbrotherhoodやELEVENのツアーに参加されていた満園庄太郎さん、黒瀬蛙一さんをお迎えして、当時の楽曲を演奏するというセッションに参加します。

会場は中野坂上のMELODIA Tokyo。昨年9月にお二人と初めてご一緒させて頂いた会場です。

DVDの映像を見ながら仕込んでいると、画面の中でお二人がB’zのステージで演奏されているのを見る度に身が引き締まる思いです。

お二人の素晴らしい演奏に少しでも良い形で参加できるように、楽しみつつ頑張ります!

2019/4/21新中野弁天 調教事変

こんばんは!ギタリストの前野直也です。

まもなく平成が終わるという時にこれを書いております!

僕にとっての平成最後のライヴとなったのは新中野弁天で行われた椎名林檎と東京事変のコピーバンド調教事変
でした。

ミーナ林檎こと美奈子さんからお誘いいただいて参加したものの、いざ曲を聴いたら「まー難しい!」
ジャズのような曲もあり、発振するようなファズを使う曲もあり、。なにより浮雲さんのカントリーの引き出しが僕にはほぼほぼ未知の世界でした。

メンバーも皆さん多忙なためリハーサルの回数もあまり取れない中で、正直ちゃんと形になるのか?と不安もよぎりました。
しかし、いざスタジオに入ってみたらそんな不安は無用でした。皆さん実力者ぞろいな上に仕込みも丁寧で、
初回リハで全曲手応えのある仕上がりでした。残りのリハで更に完成度が上がって本番が楽しみな仕上がりに。

オープニングではバンド名にちなんで全員美奈子さんが用意してくれた仮面で登場。
続く「キラーチューン」ではリンダさんが作ってくださってお配りした旗を、
客席のみなさんが振ってくださっていてすてきな光景でした。

「最後の曲さ♪」で始まる透明人間をはじめ、あそこまでクリーントーンのエレキを弾くのは初めてでしたが、
すてきなメンバー、弁天のスタッフの皆様、お客様のおかげで楽しく演奏させていただきました

因みに今回アコギの音が好評でしたが、実は当日プリアンプを持っていくのを忘れまして(^_^;)
音が良かったのは100%PAアイクさんのおかげです。

対バンのPINEAPPLEさんは松田聖子の曲をイントロクイズ等も交えながら楽しく本格的にカバー、
トリのカオマツトシキDXさんは角松敏生の楽曲を大人数で再現して、どちらも素晴らしいステージでした。

お越しくださった皆様ありがとうございました!

2019/4/13神保町楽屋「月夜のアコースティックライヴ」

こんばんは!
ギタリストの前野直也です!

今日は2019年4月30日、
平成が終わる日です。

今日のうちに平成最後の月にやったライヴを振り返っておこうと思います。

まずは第1弾、4月13日神保町楽屋での
「月夜のアコースティックライヴ」!

5人のボーカル陣のステージをふじちゃんのピアノと僕のアコースティックギター、Takahiroさんのコーラスとカホンで彩ると言うライヴです。今回僕は何曲かでベースも担当しました.

5人それぞれの持ち味があって、素晴らしいイベントになりました。

トップバッターのめぐみさんはパワフルな歌声。中でもノンちゃんも加わっての「Rolling in the deep」は圧巻でした。歌っている時と打って変わって軽快なトークも素敵でした。

二番手の大志さん。「楽曲への思い入れがない」と語っていましたが、とてもそうは思えない表現力でした。中でも「Y」は演奏していてもグッときました。

三番手のピッコロさんはアコースティックでやるにはかなり難しいのでは・・という難曲ぞろいのセットリストでしたがどれも見事に歌いこなしていました。「トレモロ降る夜」はギター的にもチャレンジングでやりがいのある曲でした。

四番手は弁天でもお馴染みのノンちゃん。今回はアコースティック編成のステージでしたがノンちゃんのステージは客席も巻き込んで、バンドのライヴのようでした。リハではジャズっぽくするのに試行錯誤した「じれったい」も本番はバッチリでした。

そしてトリは今回の主催でもあるひーちゃん。
るんるんさんを迎えての「ヘッドライトテールライト」は圧巻でした。
「FOR YOU」も素敵でした。

最後はボーカル全員での「夜空ノムコウ」。アカペラで始まるなど、この日だけの特別な構成でおおくりしました。

出演者の皆さん、神保町楽屋のみなさん、お越しくださった皆様、ありがとうございました!

ライヴ動画を公開します!1.STILL ALIVE

こんにちは!ギタリストの前野直也です。

前回の記事で3/24に行ったB’zコピーバンドのライヴの事を書きましたが、来られなかった方を中心に「動画で見たい!」というお声を多数頂いておりました。ありがとうございます!

という事で、ライヴハウスで撮って頂いた物や自分のカメラなど、手元に幾つかある動画の中から、客席からスマホで撮って頂いた物を一曲ずつ公開します!
スマホで撮った物ですが音も画も綺麗ですし、何より客席の前方で撮っているので、引きの固定カメラの物より臨場感を感じて頂けるのではないかと思います!

初回の今日はオープニングから1曲目のSTILL ALIVEをお送りします。

発売された時から好きな曲ですが、「LIVE Dinosaur」に収録されているバージョンの始まり方がカッコいいと思いましてこのバージョンで練習。当初は御本家に倣って後半にこの始まり方でやろうかとも思ったんですが、今回演奏する曲を並べてみたらオープニングにしてもいいかも!ということで1曲目になりました。

ギター的にはイントロやAメロのアルペジオの歪具合などに悩んだ挙句、途中からピックアップセレクターの変更のみでそのまま弾いちゃってます。本当はあそこだけクランチでコーラスとか入れたかったんですが勢いで行ってしまいました。ソロのハモリの有無は足元でがんばって切り替えてます。

冒頭のボリューム奏法にノイズが乗っているなあとか反省もありますが、
気持ちよくやれたのでよかったらご覧ください。
新Vo.のキムテツ君のサングラスも決まっています(笑)
最後までお読みくださってありがとうございました!

2019/3/24 Be-loud! 2nd Live

こんにちは!
ギタリストの前野直也です!

去る3月24日、B’zコピーバンドBe-loud!の2回目のライヴが終了しました。

初回のライヴの時のVo.が卒業し、サポートで参加してくれたキーボードの方も自身の活動があるという事で、2回目にしてメンバーの2/5が交代という形になりました。

今回は以前ドラムのノブさんの主催で行われたB’zコピーバンドでご一緒したキムテツさんをVo.に迎え、
キーボードは川戸さんが参加してくれることになりました。

キムテツさんはしばらくバンド活動はしてなかったとの事ですが、
リハーサルを重ねるごとに歌もパフォーマンスも熱くなっていって、
こちらが煽られるくらいでした。

川戸さんは僕が弾いていない方のギターパートを補ってくれたり
、時には鍵盤からアコギの音が出たり!?
独自のアプローチでアンサンブルを盛り上げてくれました。

当日はサウンドチェック時にギターの音が出ないトラブルもありましたが、
予想以上に沢山のお客様に盛り上げて頂き、楽しいライヴになりました。

今回のセットリストはこんな感じでした。

STILL ALIVE
愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない

煌めく人
Q&A

TIME
恋心

BANZAI
pleasure2018

対バンのA’zさん、美’酒さんもかぶり曲無しで盛り上がり、
三者三様のB’zコピーバンドを見て頂けたかなと思います。

会場のclub edgeさん、お越し下さった皆様,
来られなくてもメッセージ等頂いた皆様、
本当にありがとうございました!

Snakebiteの初ライヴしてきました!!

2/25の日曜日は、僕が作詞作曲したオリジナル曲をやるバンド

Snakebiteの初ライヴでした!

ここ数年はB’zやTHE BLUE HEARTSのコピーバンド、
その他にもセッション的なバンドでのライヴなど、
ライヴ活動はしていましたが、コピーバンドの活動でした。

今回久しぶりに美’酒というB’zコピーバンドでVo.を勤めているkeiasukeと

オリジナル曲を作る事にしました。

二人共おない年でB’zという共通項もあり、彼の声が素晴らしいということが分かっていたので、
前から「やってみたいね」という話はしていたのですが、他の活動をしているうちに先延ばしになっていました。

今回二人共節目の年齢でもあり、周囲の方からの後押しもあって、やっと重い腰を上げて取り組みました。

ライヴに出演するにあたって演奏してくれるメンバーも探さなきゃ!
といろいろ考えてお声がけしたところ
もう一人のギターに昨年葛西(人)でツインギターで演奏したウエンツ、
ベースにB’zコピーバンドで一緒のエナシさん
ドラムにkeisukeと美゚酒で活動中で、僕も以前稲ソロのコピーで一緒だったこにしさん

と勿体無いくらいのメンバーに協力してもらうことができました。

ウエンツとこにしさんはオリジナルバンドでの活動経験も豊富なのでアレンジ面でのインプットも貰うことができました。
エナシさんはベースだけでなくコーラスも積極的に考えてくれました。

あとみんな飲み会が楽しい(笑)お酒は飲まない人もいますけど、一緒にわいわいしながら活動のことも話せるのは嬉しいです。

会場は本八幡の3rd Stage。初の会場でしたがステージも楽屋も広くて快適でした。音のバランスもよくて良い会場でした。
千葉県なので西東京、神奈川方面の方は来るの大変だったと思うんですが、
当日はたくさんの方にご来場頂き、久しぶりにお会いする方も沢山来てくださって嬉しかったです!

 

一番驚いたのは専門学校時代の同級生が駆けつけてくれたことです。
出番が終わって客席でいろんな方にご挨拶してたら突然目の前に現れまして。
卒業以来、たぶん一度も会ってない、一度くらいライヴ行ったかなぁ。。。だとしても10年は会ってないし、
個別にお誘いもしてなかったので
まさか見に来てくれると思わなかったので本当に驚きました。
嬉しいサプライズでしたよー。

本番はSEが出ないとか(僕の不手際ですw)反省点もありましたが、
客席のみなさんのありがたい反応にも助けられ、たのしい初ライヴになりました。

今回のバンド始動のきっかけをくれて、途中も相談にのってくれたパンクさん、
仮歌をレコーディングし終わって打ち上げしてると

高確率で(笑)合流してくれたますこさん、
急なお誘いに快諾してくださったウエンツ、エナシさん、こにしさん
出演の一歌八華さん、NYKさん。

本八幡3rd Stageの皆様、そしてなによりご来場くださった皆様、行けないけど頑張って!とエールをくださった皆様、

本当にありがとうございました!!