サンタクロースに交渉してみた

こんにちは!ギタリストの前野直也です!

さて、ギターの写真(前々回参照)と転校生N君の発言(前回参照)がきっかけとなって、僕は「エレキギターが欲しい。買うならあのギターがいい!」という思いを日に日に強くしていきます。

水戸市の楽器店事情

当時の水戸市には地元では割りと大きい川又楽器というお店が2ヶ所あって、特に水戸駅前のお店は本屋(川又書店)、レコード店に楽器店まで入った6階建てのビルでした。

今までは駅前のビルの本屋とレコード店のフロアしか利用していなかった僕ですが、ついに6階、未知の楽器店フロアに足を踏み入れる決断をします!

だがしかし、そこは内気な一人っ子。初入店したはいいものの、店員さんに話しかけられないようにしながら店内を徘徊するのが精一杯でした。

ときおり店員のおじさんに「なにかお探しですか」と話しかけられても、「いえ・・・べつに・・・(小声)」と逃げ切り、

なんとかお目当ての松本モデルが飾ってあること、店頭だと少し安くなってるけど、それでも価格が83000円ほどすることを確認して、カタログをいくつかもらって退散してきました。

当時の雑誌広告。こんなのとかカタログを毎日眺めてました。

もう一店舗の方は平屋建てで、レコードのコーナーと楽器コーナーが半分ずつになってました。
こちらのお店も何度か行きましたが大抵いつも金髪ロン毛の男性店員さんがいて、よくお店のギターで速弾きしていました。
僕はそれを「おお!バンドやってる人みたいだ!」と思って見ていました。

作戦を立てる

 

川又楽器の2箇所のお店でカタログを集めてきて、毎日のように眺めていました。

そして沢山のメーカーがある事、松本モデルより安いギターもたくさんある事が
わかりました。

 

貯めてあったお年玉だけで買えるギターもあることが分かりました。
だがしかし、

やっぱりどうせなら松本さんのあのギターが欲しい!

松本モデルの広告

この時点でたしか中2の秋頃だったと思います。
迷った挙句、僕は年末に迫ったイベントを活用することを思いつきました。

中2の冬の交渉相手w

「お母さーん、サンタさんに
ギターのお金少し出してもらえないかな?」

子供か!!というツッコミもあるでしょう。
子供の分際でサンタクロースに「お金を少し出してくれ」という頼み方もどうかと思いますが。
とにかく当時の僕はその様な作戦に出たわけで。

その結果は次回に!

クリスマス

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

小室哲哉さんに思うこと

こんにちは!サポートギタリストの前野直也です。

前回に引き続き、小室哲哉さんの引退会見について感じたことを書きたいと思います。

2010年の事

TM NETWORK時代から「リニューアル」という言葉を流行らせたり、ヒットを仕掛けるプロデューサーでいたい方に思えたから、小室ファミリーが一世を風靡した時「良かったな」と思いました。
しかしその一方でこんなに沢山の曲を沢山の人にあげて大丈夫なのかな、出来ればTMをじっくりやって欲しいなとも思っていました。
段々ブームが終息して「TMとかglobeとかをマイペースでやってくれれば」と思っていた矢先の逮捕。

あの時は逮捕自体よりも、目茶苦茶売れてチヤホヤされていた頃の数字やお金の感覚に囚われてしまったように見えたのが悲しかった。でもファンやめよう、とかは思わなかったなぁ。復帰された時は素直に嬉しかったですね。

今回の報道で「自分より稼働率の高い作家はいるし」と言うような発言があって、まだあの時の感覚に囚われてしまっているように感じました。

でも今回もファンをやめまようとは思わないですが。

小室さん3

 

才能の枯渇の事

2010年の事から復帰した後のプロデュース作品は、以前ほどの話題にはならなかったかも知れません。正直僕も聴いてない曲もあります。しかし復帰後のTM NETWORKの作品には素晴らしい曲が結構あります。安室さんに久々に提供したドコモのCM曲も小室さんらしい曲でした。

才能が枯渇したというより、音楽家小室哲哉が次の段階に進む時なんじゃないかなと思います。

ネットの普及等で音楽業界の状況も変わりました。

90年代のように一人で凄い曲を書いて「さすが先生!」と驚かれて枚数売ってというのは、小室さんに限らずもうなかなか難しい事に思います。しかしながらコアなファンに向けて本当に納得の行く作品を作る。コライトする等、新しいやり方で充実した活動をされている方もいます。

才能ある若い人とコラボしたり、コアな小室哲哉ファンに響く曲を作ったり。やり方は今までと違って良いと思います。一人で閉じこもらずに、新しいやり方にも目を向けて「これが今の小室哲哉か!」と思わせる作品を世に出して欲しいと思います。

安室さん小室さんの引退で音楽業界が大きく変わるとおっしゃる方がいて、それもなるほど、と思います。

しかし、だからこそ僕は「その変わっていく音楽業界の中で小室さんが作る音楽」を聞いてみたいです。

小室さん4

 

結局伝えたいこと

まずはゆっくり養生してメンタルもフィジカルも治して欲しいです。なんとか耳の状態も良くなる様に祈っています。ご自分が回復してからKEIKOさんと向き合って欲しいと思います。

それからで良いので、今の小室哲哉の思いがつまった音楽、変わっていく音楽業界に対する小室哲哉の回答と言える音楽、小室さんが本当にケミストリーを感じる方とのコラボレーション。そういったものを提示して欲しいと思います。

願わくばその中にもう一度TM NETWORKが入っていて欲しいです。宇都宮さん、木根さんと小室さんとの間には間違いなく特別なマジックが今もあるはずだから。

 

here,there,everywhere

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

小室哲哉さんの会見

こんにちは!ギタリストの前野直也です。

小室哲哉さんが週刊文春の報道を受けて、謝罪と引退表明の記者会見をされました。

TM NETWORKで音楽に目覚めた僕なりに感じたことを書きたいと思います。

小室さん1

体調不良の事

TMのラジオで3人が「小室先生の今日の食事は豆腐半分くらい食べた。それだけ」等とネタにしていたくらい、以前から好き嫌いが多く食事への執着が弱い方でしたので、テレビで医師のおおたわさんが「点滴1500mlはほとんど食べられない寝たきりの人にするレベル」と言われていたのも妙に納得しました。

個人的には耳鳴りの話の方がショックでした。
この前「ウタフクヤマ」に出てたとき元気がない様子は感じてましたが、あの時かなり悪かったのかな、と思います。肝炎の治療も続いているとの事ですし、無理をしないで、心身ともになるべく良い状態を取り戻して欲しいです。必要なサポートはどんどん活用して、ご自身を大事にして欲しいと思います。

小室さん2

KEIKOさんの事

介護をしたことがないので偉そうなことはいえませんが。
小室さんとしては詳しい状況は伏せて、なるべく良い状態の時の写真を公開していたのだろうと思いますが、ファンの方々の「もう一度歌って欲しい」という思いに応えたい気持ちと、実際のKEIKOさんとのギャップに追い詰められてしまった部分もあるのだと思います。だから今回あそこまで話したのだろうと。

一緒にヒット曲を連発したメンバーでもあるKEIKOさんがピアノを聞くのも嫌がるようになった時の小室さんの気持ちはどんなだったか、察するにあまりあります。

会見で「KEIKOさんは身体の障害はないので僕は介護者なんて言えない」と度々言われてましたが、その考えが小室さん自身を追い詰めてるように見えました。介護の辛さは人それぞれでしょうから、しんどい時は人を頼るなり息抜きするなりして欲しいなぁと思います。

全部書いたら長くなりましたので次回に続きます。

paradigm弦を張ってみた

こんにちは!
ギタリストの前野直也です!

今日は最近話題のエレキギター弦を貼ってみたので
そのお話をしようと思います。

その弦がこちら、

アーニーボールのparadigmという商品です‼

paradigm弦

この弦、なんと「切れない」弦なんだそうです。90日以内に切れたら保障してくれるというくらいだから相当自信があるのでしょう。
この弦を、今回はPRSに貼ってみました。

1セットにしては結構大きめの箱から出してみると密閉された袋が。

箱の中の袋


袋から出してみると、巻弦はいたって普通の見た目。

触り心地は普通のアーニーボールに比べるとややサラッとした印象です。

 

DSC_1675

一方プレーン弦の方は、ボールエンドの付近が真期限のようなもので補強されています。

DSC_1677

このあたりも切れないためのアイディアなのでしょうか。
こちらも普通のアーニーボールよりややサラッとしてる感じです。
でもあくまで「普通のアーニーボールに比べれば」という感じで、コーティング弦のような違和感は皆無です。

写真、交換し始めちゃってからのばかりですみません。

張り替えて弾いてみると、音は高域がはっきり出る元気のいい音という印象です!
コーティングとは違う製法のようで、これだけ自然な音で長寿命なら今後大活躍してもらおうと思います!

昨日paradigm弦を張ったPRSを早速バンドリハで使ってみたのですが、スタジオのアンプでも元気が良い音で弾き心地も
良好でした!

さて、あとはこれで何日もつのか?が気になるところです。
僕はここ数年ほとんど弦を切ったことがないので切れないかどうかの懸賞は微妙なところですが、
これからPRS,バンドやレコーディングでたくさん使って
検証していきたいと思います!

経過報告をお楽しみに!
最後までお読みくださりありがとうございました!

転校生だと紹介されて

 

こんにちは!ギタリストの前野直也です!

このシリーズでは一人っ子の内気な小学生たった僕がB’zの音楽に出会うまでと初期のB’zにはまっていた頃の事を振り返っています。
ちなみに今は中学生時代の話です。

前回、僕がギターを始めるきっかけとなった出来事の1つをご紹介しました。あの写真で僕の人生が変わったと言っても過言ではありません‼

今回は僕がギターを始めるきっかけとなったもう1つの出来事についてお話します!

 

Windows誕生前の音楽制作

今やノートパソコンでも音楽製作できる時代ですが、僕が中学生の頃はそうではありませんでした。当時はWindowsがまだなく、パソコンは専門的な知識がある人たちだけのものでした。

家で音楽を作るというと、4トラックのカセットMTRに録音するのが主流でした。
そんな時に活躍したのが、
音源もシーケンサーも1台に入ったオールインワンシンセという代物でした。これ1台で打ち込みの音楽が奏でられる凄い商品でしたが、当然良いものはお高い。素人の中学生にとっては何十万もする、良くわからないボタンがたくさんついてる鍵盤、という印象でした。更に音を聴くにはスピーカーを買う、コンポに繋ぐなどしないといけませんでした。

そんな時代に画期的な商品がYAMAHAから登場します。その名も

EOS B200!

 

YAMAHA EOS

オールインワンシンセな上に、スピーカー内蔵でその場で音も聴けるのです!しかもTM NETWORKの小室哲哉さんがプロデュースして実際にTMのステージでも使用しているのです!広告にも大々的に登場していました。値段も148,000円と、当時のオールインワンシンセの相場からするとお手頃価格でした。シンセに興味がある人や、小室さんファンの女子も色めき立つ商品でした。

転校生N君

ちょうどこのシリーズの序盤で書いている小学校高学年の頃に神戸から転校してきたN君という友達がいて、共通の友達とX(現在のX JAPAN)の話題などで盛り上がっていました。

中学2年のある日、そのN君が不意に

「オレEOS買ったんだ」

と言い出しました。内気な一人っ子体質だった僕は実際の反応は「そーなんだ」みたいな感じでしたが内心驚きました。いくらオールインワンシンセとしては安いとは言え、まさか自分の近くに持ってる人が居るとは。

 

しかもN君から更に衝撃の発言が。なんと彼はEOSのシーケンサー機能を駆使してオリジナル曲を作っているというのです。
「オレはシンセやるから、前野くんはそうだなぁ。。ギターとかやりなよ」

その時僕の脳裏には、前回紹介したあのギターの写真がフラッシュバックしていたのを今もなんとなく覚えています。

それまで父親が昔弾いていた、ネックが反って弦高が2cmくらいになってしまって弦もボロボロのクラシックギターをちょっと触ったことがある程度でしたが、

そのN君の言葉を聞いてから日に日に思いが強くなっていきました。

買うならあのギターがほしい。

そして中2の冬、ついにそれを実行に移す時が来ます。
長くなりましたのでそのお話はまた次回に。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ROCKMANをスタジオで鳴らしてみた!

こんにちは!
B’z大好き、サポートギタリストの前野直也です。

昨年こちらでご紹介したROCKMANのSastainorですが、
その時は自宅のアンプに直で繋いで鳴らしてみた感じでした。

今回は昨年のクリスマスイヴにリハーサルスタジオで鳴らしてきたので、

その様子をご紹介します。

今回の使用機材

今回使用したギターは懐かしい方には懐かしいYAMAHA MG-MⅡG!
ちょうど僕がB’zにハマった頃に松本さんが使用していたギターです。

アンプはスタジオにあったMarshall JCM900を使いました。

エフェクターはソロのブースト用にFAT514Dと、ワウ半止めサウンドのためにJIM DANROP CRYBABYのTAK MATSUMOTOモデルを使用しました。
今回はリードを弾くときに、この二つを同時にオンしたかったので、One ControlのBLACK LOOPというループスイッチャーに入れています。

信号の流れとしてはギターから」BLACK LOOPにいき、そこからROCKMANへ。ROCKMANのアウトプットからJCM900のインプットに入れています。

 

新たなる挑戦

そしてここで新たな作戦にトライしました。
ROCKMAN Sastainorの背面にセンドリターンが付いているので、そこにZOOM MS-50Gマルチストンプを入れました。
これはサイズはコンパクトエフェクターですが、中身はマルチエフェクターで、例えば任意のエフェクターをひとつ読み込んでおいて
「コンパクトのディレイとして使おう」とか「ブースターとして使おう」というようにも使えますし、マルチエフェクターのようにスイッチを踏むたびに
プログラム1{コンプ+コーラス}とプログラム2「ディストーション+リバーヴ」と切り替えて使うこともできるすぐれ物です。

今回はRISKY時代の曲を弾いてみたので、マルチストンプで常にコーラスとショートディレイが薄くかかっている状態にしました。
これでかなり当時の雰囲気が出たんじゃないかと思います。

反省会

この新しい作戦、といっても僕が今回初挑戦なだけでやってる方は沢山いらっしゃいますが。
実はスタジオに入ってやってみたら持ってきたシールドの本数がたりないというミスがあり、さらにマルチストンプ用の電源ケーブルの長さが足りなくて壁のコンセントに届かず、接続に時間がかかってしまいました。そのため肝心の弾いてみた部分がかなりバタバタした撮影になってしまいました。

機材を撮影したんですがこちらもバタバタ具合がよーく出ております。

 

この時撮影した曲がB’z初期のクリスマスソング「HOLY NGHTにくちづけを」です。こちらではご紹介してませんでしたが、

クリスマスイヴにSNSにアップしました。

もう年明けてますが、せっかくなので昨年のイヴに揚げたものとは別テイクをご紹介しておきます。

次回はもっと時間とって接続の仕方を研究したいと思っております。
最後までご覧いただきありがとうございました!

戌年明けましておめでとうございます!

 

明けましておめでとうございます!

2017年はギター講師、レコーディングでも多くの方のお役に立つことができ、充実した一年でした。
またライヴ活動でもたくさんの出演者の方、お客様と出会えた一年でした!
関わってくださった皆様、ありがとうございました!

今年は昨年以上に講師として、 サポートギタリストとして貢献していきます。
またB’zの松本孝弘さんの研究も進めていきます。

さらに今年から本格的にオリジナル曲を作るプロジェクトも
始動します。

皆様本年もよろしくお願いいたします!

新年の一発目はオリジナル曲プロジェクトSnakebiteの動画をご覧下さいm(_ _)m