世界にはTM NETWORKしかない

このシリーズでは一人っ子の内気な小学生たった僕がB’zの音楽に出会うまでと初期のB’zにはまっていた頃の事を振り返っています。

TM NETWORKのサポートからB’zで活躍するまでの松本さんの事を知るきっかけになれば幸いです。

前回ついにTM NETWORKの名盤「CAROL」を手に入れた中学生の僕。

既にお話したように「Beyond The Time」を始め、当時テレビの歌番組でしょっちゅう披露していた曲が沢山収録されていました。

そして当時僕が大好きだった漫画「CITY HUNTER」のアニメ版の第二シリーズのエンディングに使用されていた「STILL LOVE HER」もアルバムの最後に収録されていたのです。

「CITY HUNTER」は言わずと知れた北条司先生の代表作です。元々友達のお兄さんが持っていて、友達の家で読ませてもらったのをきっかけに好きになって、コミックスを集め、アニメも見ていました。

脱線が過ぎるので詳しくは割愛しますが。
ラジカセをテレビの前に置いてオープニングの曲(fence of defenseというバンドのセイラという曲でした)を録音するくらいハマッていました。

そのエンディングで流れてくる「STILL LOVE HER」のイントロに毎回感動してました。
それも収録されているとあって、益々「CAROL」にハマっていきました。

実際「CAROL」はまさに当時のTMのベスト盤と言っても良いくらいヒット曲、タイアップ曲の詰まったアルバムです。

これを毎日のように聴いていた僕は、この世にTMNETWORKしか音楽がないかのような価値観になっていきました。

他のどんなアーティストを聴いても「TMの方がカッコいいもんね!」と感じるようになっていました。内弁慶だったので、親には実際にそう言って呆れられた事もありました。

今思えば子供だなぁと思いますが、そのくらい当時はTMNETWORKばっかり聴いていたのです。

特に「CAROL」は、それに伴うツアーの写真やTMの3人、サポートメンバー、スタッフのインタビューが掲載された本まで買って、
ページの糊付けが剥がれるほど見てました。本当に剥がれて糸で無理やり止めていました。

しかし中2の頃、そんな偏った価値観が覆される出来事があります。

ある日「夜のヒットスタジオ」をなんとなく見ていると、
司会の女性(芳村真理さんだったかな?ちょっと忘れちゃいましたが)
の口から気になる言葉が発せられました。

「TM NETWORKのバックでギターを弾いていた人が作ったユニットなんですよね!」

CAROL

このシリーズでは一人っ子の内気な小学生たった僕がB’zの音楽に出会うまでと初期のB’zにはまっていた頃の事を振り返っています。

TM NETWORKのサポートからB’zで活躍するまでの松本さんの事を知るきっかけになれば幸いです。

名盤「CAROL」に出会う

前回は同級生の女の子から「TM NETWORK好きならこれを聴け!」とオススメのアルバムを教えてもらった所でした。

そのアルバムの名は「CAROL」

当時は僕の地元にはタワレコのような大きなお店はなかったので、地元の小さなレコード店を回りました。そして何ヵ所も回ってついに「CAROL」のCDを手に入れました。

その日からは毎日のように学校から帰ってくるとCDラジカセで「CAROL」を聴いてました。

このアルバムには僕がTMを知るきっかけになった「Beyond The Time~メビウスの宇宙を越えて~」が入ってました。それだけでなく当時夜のヒットスタジオ等で披露されていた「COME ON EVERYBODY」「SEVEN DAYS WAR」も入っていました。

 

ぼくらの七日間戦争

「SEVEN DAYS WAR」は「ぼくらの7日間戦争」と言う映画の主題歌でした。曲名もそのまま英訳ですね。この映画は今や大女優の宮沢りえさんが中学生役でデビューした映画です。当時中学生になっていた僕は父親に反抗期だったりしたものの基本的には「大人に怒られないように」生きてる子供だったのでグレたりということはなかったですが、親や教師に反抗するこの映画と、その主題歌の歌詞の内容にも大いに感化されました。

映画の音楽も小室さんが担当していて、サウンド・トラックも発売されてました。挿入歌の「GIRLFRIEND」もTMの隠れた名曲です。
僕に「CAROL」を教えてくれた同級生の女の子がお気に入りの曲でした。

 変化  

前回お話したように当時はヴォーカルの宇都宮さんに夢中だったし、彼女は小室さんに夢中でした。それにTMは宇都宮さんの歌と、そして小室さんのサウンドが目立つ音楽だったので、当初はそこに耳が言ってました。

しかし繰り返し聴くうちに、気が付くと他のパートが印象に残るようになってました。
雑誌などから情報を仕入れるうち、それがエレキギターの音らしいということに気づいたのでした。

 

 

B’z弾いてみた動画vol.2 BLOWIN’

 

こんにちは!サポートギタリストの前野直也です!

またまたリクエストがありましてB’zの曲を弾いてみましたのでご紹介します!
今回弾いてみたのはBLOWIN’です。

シングルの方ではなくULTRA Tresure Styleというバージョンです。これはB’zTHEBEST”ULTRA Treasure”というベストアルバムに入っているバージョンです。

元のシングルも大好きなのですが、リクエストをくれた方がライヴでやるために練習したいとのことでしたので、B’zのライヴでの終わり方に近いこちらの方でやってみました。

音源はツインギターでところどころハモっているのですが、

今回はギター1本で弾けるようにしました。バッキングはLchから聞こえるパートを中心に弾いていますが、一部Rchのフレーズに行ったりしています。

 

 

今回動画に撮るために、改めて耳コピと練習をし直してみましたが、

 

まー難しい!

 

正直かなり降り直しました。最初のピックスクラッチが気に入らなくて撮り始めて30秒くらいでボツにしたことも何度かありました(>_<)

 

Aメロのコードとフィルを交互に弾くところから忙しいです。

その上、今回は間に出てくるアコギも、エフェクターで音色を切り替えて

再現しているので手元も足元も忙しくなってしまいました。
でもおかげでギター1本でもかなり近い感じになっていると思います。

中間のギターソロは3弦の3フレットに降りる際のグリッサンドのニュアンスで松本さんらしさが左右されます!
そのあとの一音半チョーキングもポイントです。

エンディングのソロはコード分解フレーズがたくさん出てきます。コード分解と6度のダブルストップで動くフレーズがこの頃の松本さんらしいと思います。MOTElとかでも出てきます。

マニアックな話ですがBメロの「来ることに怯えてるけど~」の部分は単純なパワーコードですが、最初の一音だけブリッジミュートしない感じが松本さんらしいですね。ここはこのように弾くか全部ミュートかけて弾くかで雰囲気が変わる部分です。

あとサビのBマイナーのところで一音を2回ずつ弾く所が出てきますが、ここは難しいです。これも松本さんが「好きでよくやる」とご自分でも仰っているフレーズですがこの曲ではいつもと少し違う音使いなのと、その前後はバレーコードや4弦ルートのコードを弾いているのに

ここだけブリッジミュートしっかりかけて4弦5弦を行き来するので、かなり右手が忙しいです。

簡単な曲でありませんが、一番のあとの「Woo Woo!」ていう所とか、アコギとアルペジオでクールダウンしてからギターソロに突入する時のハーモナイズドチョーキングなど、ギター的にも気持ちいい所が多々ある曲なのでよかったら是非挑戦してみてください!

動画ではZOOM G3Xnでディストーションの音とアコースティックシミュレーターの音を作り、ソロのブーストはFAT515.Wを使用しました。
アンプはBLACKSTAR FLY3です。

最後までご覧頂きましてありがとうございました!