CAROL

このシリーズでは一人っ子の内気な小学生たった僕がB’zの音楽に出会うまでと初期のB’zにはまっていた頃の事を振り返っています。

TM NETWORKのサポートからB’zで活躍するまでの松本さんの事を知るきっかけになれば幸いです。

名盤「CAROL」に出会う

前回は同級生の女の子から「TM NETWORK好きならこれを聴け!」とオススメのアルバムを教えてもらった所でした。

そのアルバムの名は「CAROL」

当時は僕の地元にはタワレコのような大きなお店はなかったので、地元の小さなレコード店を回りました。そして何ヵ所も回ってついに「CAROL」のCDを手に入れました。

その日からは毎日のように学校から帰ってくるとCDラジカセで「CAROL」を聴いてました。

このアルバムには僕がTMを知るきっかけになった「Beyond The Time~メビウスの宇宙を越えて~」が入ってました。それだけでなく当時夜のヒットスタジオ等で披露されていた「COME ON EVERYBODY」「SEVEN DAYS WAR」も入っていました。

 

ぼくらの七日間戦争

「SEVEN DAYS WAR」は「ぼくらの7日間戦争」と言う映画の主題歌でした。曲名もそのまま英訳ですね。この映画は今や大女優の宮沢りえさんが中学生役でデビューした映画です。当時中学生になっていた僕は父親に反抗期だったりしたものの基本的には「大人に怒られないように」生きてる子供だったのでグレたりということはなかったですが、親や教師に反抗するこの映画と、その主題歌の歌詞の内容にも大いに感化されました。

映画の音楽も小室さんが担当していて、サウンド・トラックも発売されてました。挿入歌の「GIRLFRIEND」もTMの隠れた名曲です。
僕に「CAROL」を教えてくれた同級生の女の子がお気に入りの曲でした。

 変化  

前回お話したように当時はヴォーカルの宇都宮さんに夢中だったし、彼女は小室さんに夢中でした。それにTMは宇都宮さんの歌と、そして小室さんのサウンドが目立つ音楽だったので、当初はそこに耳が言ってました。

しかし繰り返し聴くうちに、気が付くと他のパートが印象に残るようになってました。
雑誌などから情報を仕入れるうち、それがエレキギターの音らしいということに気づいたのでした。

 

 

投稿者: 前野 直也

茨城県出身。TM NETWORKで音楽に目覚め、B'zを見てギターにハマる。 中央大学法学部を経てTSM(東京スクールオブミュージック専門学校)に進学。卒業後は数々のバンドのサポートを努め、ゲーム音楽のレコーディングにも参加。 2016年より八王子新堀ギター音楽員の講師も務めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です