初めて弾けた曲

 

こんにちは!ギタリストの前野直也です!

このシリーズでは一人っ子の内気な小学生だった僕がB’zの音楽に出会うまでと初期のB’zにはまっていた頃の事を振り返っています。

ちなみに今は中学生時代の話です。

すっかり忘れてましたが前回から第二章、ギター買ってから編、に突入しております。

 

弾ける曲を探す

さて、前回はエレキギターを買ったは良いが弾ける曲がない、というお話でした。
共感して下さった方もいらっしゃってありがとうございました!

エレキギターは楽しいものですが、最初はなかなか弾けるようにならないのも事実。

今思えばTHE BLUE HEARTSとか、初心者でも弾きやすくてギターだけでもなんの曲か分かるような曲から始めておけば
もう少し早く弾ける曲が増えていたかもしれません。
しかし当時は松本さんに憧れてB’zかTMの曲を弾きたい!と言う考えしかなかったんです。

そんな中、前回購入したTMN Best Collection 2の中でついに「これなら挑戦できるかも!」という曲に出会います。
それがアルバム「EXPO」収録の「大地の物語」でした。

初めてのバンドスコア

 

TMN「大地の物語」

当時松本さんはサポートとは言え、TMのツアーには欠かせないギタリストでした。
しかし名盤「CAROL」ツアー後、松本さんはTM NETWORKのサポートを卒業してB’zに専念し、それに伴ってTM NETWORKは葛城哲哉さんをギタリストに迎えて「TMN」にリニューアルします。そのTMN時代の2枚目のアルバムが「EXPO」でした。

何が言いたいかというと、この「大地の物語」は松本さんは弾いてないんです。
また遠回り。「いつになったらB’z弾くんだよ」と自分でも思います。
しかし葛城さんのギターもカッコ良いし、この曲はスローバラードでバッキングは2分音符中心ですぐ弾けそう、
尚且つカッコ良いギターソロが2ヶ所もあるので、弾けたら達成感があるに違いない!と言うことで挑戦しました!

やってみたら。。。

 

まー難しい!

 

 

ソロがなかなか弾けない!

 

学校から帰ってきて宿題の合間に練習する日々。

音符は良く分からなかったので、タブ譜で押さえるフレットを確認しながら、
弾くタイミングは原曲を何度も聴きながら繰り返し練習した結果、

 

 

なんとか弾けるようになりました!

よく途中でやめなかったなぁ。。。

まぁ今の僕が当時の演奏を聴いたらツッコミどころ満載かも知れませんが。
当時はなんとか原曲に合わせて弾けるようになった事が嬉しかったですね!
嬉しくてそれからしばらくは葛城さんになりきってソロを弾き、宇都宮さんになりきって歌ってました。

というわけで僕が初めて1曲通して覚えた曲は

TMN「大地の物語」

でした!

この機会に久しぶりに弾いてみたので最後にご覧ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

小室哲哉さんに思うこと

こんにちは!サポートギタリストの前野直也です。

前回に引き続き、小室哲哉さんの引退会見について感じたことを書きたいと思います。

2010年の事

TM NETWORK時代から「リニューアル」という言葉を流行らせたり、ヒットを仕掛けるプロデューサーでいたい方に思えたから、小室ファミリーが一世を風靡した時「良かったな」と思いました。
しかしその一方でこんなに沢山の曲を沢山の人にあげて大丈夫なのかな、出来ればTMをじっくりやって欲しいなとも思っていました。
段々ブームが終息して「TMとかglobeとかをマイペースでやってくれれば」と思っていた矢先の逮捕。

あの時は逮捕自体よりも、目茶苦茶売れてチヤホヤされていた頃の数字やお金の感覚に囚われてしまったように見えたのが悲しかった。でもファンやめよう、とかは思わなかったなぁ。復帰された時は素直に嬉しかったですね。

今回の報道で「自分より稼働率の高い作家はいるし」と言うような発言があって、まだあの時の感覚に囚われてしまっているように感じました。

でも今回もファンをやめまようとは思わないですが。

小室さん3

 

才能の枯渇の事

2010年の事から復帰した後のプロデュース作品は、以前ほどの話題にはならなかったかも知れません。正直僕も聴いてない曲もあります。しかし復帰後のTM NETWORKの作品には素晴らしい曲が結構あります。安室さんに久々に提供したドコモのCM曲も小室さんらしい曲でした。

才能が枯渇したというより、音楽家小室哲哉が次の段階に進む時なんじゃないかなと思います。

ネットの普及等で音楽業界の状況も変わりました。

90年代のように一人で凄い曲を書いて「さすが先生!」と驚かれて枚数売ってというのは、小室さんに限らずもうなかなか難しい事に思います。しかしながらコアなファンに向けて本当に納得の行く作品を作る。コライトする等、新しいやり方で充実した活動をされている方もいます。

才能ある若い人とコラボしたり、コアな小室哲哉ファンに響く曲を作ったり。やり方は今までと違って良いと思います。一人で閉じこもらずに、新しいやり方にも目を向けて「これが今の小室哲哉か!」と思わせる作品を世に出して欲しいと思います。

安室さん小室さんの引退で音楽業界が大きく変わるとおっしゃる方がいて、それもなるほど、と思います。

しかし、だからこそ僕は「その変わっていく音楽業界の中で小室さんが作る音楽」を聞いてみたいです。

小室さん4

 

結局伝えたいこと

まずはゆっくり養生してメンタルもフィジカルも治して欲しいです。なんとか耳の状態も良くなる様に祈っています。ご自分が回復してからKEIKOさんと向き合って欲しいと思います。

それからで良いので、今の小室哲哉の思いがつまった音楽、変わっていく音楽業界に対する小室哲哉の回答と言える音楽、小室さんが本当にケミストリーを感じる方とのコラボレーション。そういったものを提示して欲しいと思います。

願わくばその中にもう一度TM NETWORKが入っていて欲しいです。宇都宮さん、木根さんと小室さんとの間には間違いなく特別なマジックが今もあるはずだから。

 

here,there,everywhere

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

転校生だと紹介されて

 

こんにちは!ギタリストの前野直也です!

このシリーズでは一人っ子の内気な小学生たった僕がB’zの音楽に出会うまでと初期のB’zにはまっていた頃の事を振り返っています。
ちなみに今は中学生時代の話です。

前回、僕がギターを始めるきっかけとなった出来事の1つをご紹介しました。あの写真で僕の人生が変わったと言っても過言ではありません‼

今回は僕がギターを始めるきっかけとなったもう1つの出来事についてお話します!

 

Windows誕生前の音楽制作

今やノートパソコンでも音楽製作できる時代ですが、僕が中学生の頃はそうではありませんでした。当時はWindowsがまだなく、パソコンは専門的な知識がある人たちだけのものでした。

家で音楽を作るというと、4トラックのカセットMTRに録音するのが主流でした。
そんな時に活躍したのが、
音源もシーケンサーも1台に入ったオールインワンシンセという代物でした。これ1台で打ち込みの音楽が奏でられる凄い商品でしたが、当然良いものはお高い。素人の中学生にとっては何十万もする、良くわからないボタンがたくさんついてる鍵盤、という印象でした。更に音を聴くにはスピーカーを買う、コンポに繋ぐなどしないといけませんでした。

そんな時代に画期的な商品がYAMAHAから登場します。その名も

EOS B200!

 

YAMAHA EOS

オールインワンシンセな上に、スピーカー内蔵でその場で音も聴けるのです!しかもTM NETWORKの小室哲哉さんがプロデュースして実際にTMのステージでも使用しているのです!広告にも大々的に登場していました。値段も148,000円と、当時のオールインワンシンセの相場からするとお手頃価格でした。シンセに興味がある人や、小室さんファンの女子も色めき立つ商品でした。

転校生N君

ちょうどこのシリーズの序盤で書いている小学校高学年の頃に神戸から転校してきたN君という友達がいて、共通の友達とX(現在のX JAPAN)の話題などで盛り上がっていました。

中学2年のある日、そのN君が不意に

「オレEOS買ったんだ」

と言い出しました。内気な一人っ子体質だった僕は実際の反応は「そーなんだ」みたいな感じでしたが内心驚きました。いくらオールインワンシンセとしては安いとは言え、まさか自分の近くに持ってる人が居るとは。

 

しかもN君から更に衝撃の発言が。なんと彼はEOSのシーケンサー機能を駆使してオリジナル曲を作っているというのです。
「オレはシンセやるから、前野くんはそうだなぁ。。ギターとかやりなよ」

その時僕の脳裏には、前回紹介したあのギターの写真がフラッシュバックしていたのを今もなんとなく覚えています。

それまで父親が昔弾いていた、ネックが反って弦高が2cmくらいになってしまって弦もボロボロのクラシックギターをちょっと触ったことがある程度でしたが、

そのN君の言葉を聞いてから日に日に思いが強くなっていきました。

買うならあのギターがほしい。

そして中2の冬、ついにそれを実行に移す時が来ます。
長くなりましたのでそのお話はまた次回に。

最後までお読みいただきありがとうございました!

僕がギターを買おうと思った写真

このシリーズでは一人っ子の内気な小学生たった僕がB’zの音楽に出会うまでと初期のB’zにはまっていた頃の事を振り返っています。
ちなみに今は中学生時代の話です。

松本孝弘にハマる

前回初めてB’zのシングル「LADY NAVIGATION」を買った僕は、B’zにもハマりました。

そしてTM NETWORKのCAROLツアーの本で松本さんのインタビューを読んだりしていくうちに、TMの曲を聴く時もギターに注目するようになっていきました.

ギターのカッコ良さを知る

その中でも特に魅了されたのは「CAROL」のオープニングを飾る「A Aay In The Girl’s Life~永遠の一瞬~」とそれに続く「Carol~Carol’s ThemeⅠ~」
のギターでしたね。2曲とも派手なギターソロがあるわけではないのですが、伴奏(当時の僕にバッキングなどというボキャブラリーは無かったので)ともソロともつかない楽曲の世界を絶妙に彩っている松本さんのギターに惹かれました。

正直に申し上げますと、当時はここで書いているほど明確に「よーし、ギターに注目して聴くぞーっ!」と意識していたわけじゃなかったのですが(^_^;)
気が付くとTMを聴いていても、B’zを聴いていても今までよりも松本さんのギターに耳がいくようになっていました。

運命の出会い

そんなある日、レコード店で僕はあるCDに出会います。
それが松本孝弘さんのソロシングル「’88 Love Story」でした。
なんの情報も知らなくて、B’zのシングルのコーナーに挟まっていたのをたまたま見つけたんですよ。

788 LOVE STORY

歌も入っていないいわゆるギターインストの曲がシングルで発売されるって
なかなかないですよね、
この曲は当時カルビーポテトチップスのCMソングとして放送されていた事もあって
シングル発売されたようです。

裏ジャケット

このシングルに出会った僕は気が付くとこのシングルを買ってました。B’zのアルバムとか他にもいっぱいあるのにw
なぜかこれ。
そして当時8cmシングルだったこれのジャケットをめくったところにあった一枚の写真にとっても惹きつけられました。
その写真がこれです。

ギターの写真

なぜか

このモノクロ写真のギターがめちゃくちゃかっこよく見えたんですよね。
そのうちに僕はいつしかこう思うようになっていました。
「この写真のギターがほしい」

この写真が僕がギターを購入するきっかけとなった一枚です。

ギターを始めるきっかけになった出来事はもうひとつあるのですが、それはまた次回に。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

その名はビーズ

このシリーズでは一人っ子の内気な小学生たった僕がB’zの音楽に出会うまでと初期のB’zにはまっていた頃の事を振り返っています。
ちなみに今は中学生時代の話です。

TM NETWORKのサポートからB’zで活躍するまでの松本さんの事を知るきっかけになれば幸いです。

夜のヒットスタジオ

前回TM NETWORKの名盤「CAROL」を手に入れた僕は「世界にはTM NETWORKの音楽しかない」と言う間違った価値観になりました。

そんなある日、夜のヒットスタジオでの女性司会者のひと言。

「TM NETWORKのバックでギターを弾いていた人が作ったユニットなんですよね!」

という言葉にテレビをみると、黒い衣装に身を包んだ男性二人組が出ていました。

そう言えばあの青いギターは見覚えがあるかも。と思っているうちに演奏が始まりました。
彼らが演奏した曲は「太陽のkomachi Angel」
・・・だったはず(おい)

B’zの音楽に出会うまでをお伝えするブログで、ようやく本題に近づいてきたのに「だったはず」ってなんだよ。

とお思いの方もいらっしゃると思いますが。
なにしろ「TMが一番」という偏った価値観だった僕は、

その時はこの二人組の

名前と曲名はちゃんと覚えてませんでした。

なんと失礼な話でしょう。

その名はB’z

数日後、このシリーズで度々登場するTM好きの同級生の女子と話してる時にふとこの事を思い出し、
「そう言えばTMのバックでギター弾いてる人がデビューしてるんだね」
と彼女に聞いてみました。
すると「あー知ってる、ビーズでしょ。結構前からやってるよ」とさも当然のようなお答え。

ビーズっていうのか。

お母さんがアクセサリーとか作るやつみたいな名前だなー。

とまたも失礼な感想しか浮かばなかったのですが、 音で聞いただけで表記も知らなかったのでお許しください。

そして彼女からデジャヴのような発言が。

「ビーズならNさんが詳しいよ」

なんだかRPGみたいですが、こうして僕は彼女の紹介でB’z好きのNさんと話すようになるのでした。
そしてNさんから「ビーズ」じゃなくて「B’z」と書くこと。

ヴォーカルの稲葉さんがカッコイイということ。
などなどを聞くのでした。

一人っ子の本領発揮

そして後日、お小遣いをもってレコード店に行った僕は考えます。
TMのCDも買ってるし、いきなりアルバム買ったらお小遣いがピンチだ、まずはシングルを買ってみよう!と。

もし当時の僕にアドバイスできるならこう伝えたいですね!

その女の子に貸してって言えよ!と。

この辺が内気な一人っ子だった僕の残念なところです。
話は聞きに行くくせに「そーなんだー貸してくんない?」とは言えないで

そこは自分でなんとかしようという中途半端な見栄

話がそれました。
という訳でひとまずB’zのシングルを購入しましたのですが、
何を買ったかはまた次回のお話にしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

内気な小学生、音楽に目覚める

今回から僕がB’zに出会うまで、出会ってからのことを振り返ってみようと思います。
B’z結成前の松本さんの事を知る手がかりに、また初期のB’zをリアルタイムで知らない方に当時の事を知る手がかりになれば幸いです。

音楽とは縁遠い小学時代

小学生の頃、放課後は友達の家に行ったり、近くの公園や空き地に行くのが日課でした。

当時は音楽にはさほど興味はありませんでした。ただ当時はテレビの歌番組がたくさんあって、「ベストテン」「夜のヒットスタジオ」等は毎週見ていて、なんとなく聞いていました。
あ、でもルビーの指輪とかは好きでした。寺尾聰さんの名曲、ご存知でしょうか(笑)

駄菓子屋の近くの家

よく遊ぶ友達の一人、Y君。彼の家の近くには駄菓子屋があって、大体そこに行ってからY君の家で遊ぶ事が殆どでした。

ある日駄菓子屋に行って、Y君の家で漫画を読んだり話したり。僕はコロコロコミックしか買ってなかったんですがY君の家に行くとボンボンが読めたんですよね。
そんな時、どういう流れか忘れましたが、Y君が最近気に入っている曲があるという話しになりました。
「今やってるガンダムの映画の曲なんだよねー」と言って聴かせてくれました。

なんか凄く良い曲だなーと思って、タイトルとアーティスト名を教えてもらいました。

その曲が「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」という映画の主題歌だったTM NETWORKの「Beyond The Time~メビウスの宇宙を越えて~」でした。

それからというもの、歌番組にTM NETWORKが出ると夢中で見る日々。

初めてのレコード店

初めて買ったCDもTM NETWORKでしたが、地元のお店にはあまり種類が置いてなかったのと、初めて買いに行ったのでどれに「Beyond The Time」が入ってるのか分からず、とりあえず目についた「Self Control」を購入。お持ちの方はご存知のようにこれに「Beyond The Time」は入ってなかったんですが、このアルバムも名曲揃いで益々ファンになるのでした。
ちなみにこの曲、シングルにもなっているのですが、当時シングルは8cmで(アルバムは12cm )縦長ケースに入っていて、アルバムとは別の売り場でしたが、そのことすら知らずに買いに行ったという。

 

それからしばらくしてついに「Beyond the Time」を入手するのですが、その話は次回に。
最後までお読みいただきありがとうございました!