ROCKMANの音を出してみたvolo.3最終章

こんにちは!
B’z大好き、サポートギタリストの前野直也です!

2回に渡ってROCKMANのSustainorを開封するところから音を出してみるまでを動画でお届けしました。前回アンプのインプットに繋いで、アンプのボリュームを下げることでやっとまともな音が出せました。
クリーン、歪み共に初期の松本孝弘サウンドに近い感じが出せたかな、と思います。

今後使い方に慣れて、空間系等のエフェクターもかけていけばより迫れるかなと思います。が、松本ファンとしてはアレだけは試したい!と思いまして。
そう、初期松本サウンド、特にリードギターで欠かせないアレです!
そのアレとは…

ワウペダルです!

なんですが、今回は最近松本さんが使用しているFATの515Wという機材で試しました。
松本さんのリードの音は、元々はワウベダルをいい感じのところで止めて「あの音」になっているので「半止め」等と言われます。
ワウの半止めと言えばマイケルシェンカーを思い出す方もいらっしゃるでしょう。実際松本さんもマイケルシェンカーの影響で「ワウ半止め」サウンドに目覚めたようです。ワウの効果でちょっと鼻がつまったような音になるのが特徴です。

しかし、大抵のワウペダルはペダルを踏み込むとスイッチが入る仕組みなので、ソロの度にワウを踏み込んでスイッチON!それから半止めの所でペダルを止める…とやっているのは大変だし、丁度いい位置は意外とデリケートなので毎回うまく行くとは限らない。

それならワウペダルがペダルで動かしているパーツをツマミでいじれるようにして、スイッチ踏んだらワウを任意の位置で止めた音が出る様にしよう。と言うのがこの代物です!fixed wahといいます。
まさに半止めの音を出すためだけのエフェクター!

ライヴで半止めサウンドを多用する人にはとても便利です!

というかそれ以外の方には全く必要ないでしょう(笑)

という訳でこのシリーズ三本目にして最終回となる今回の動画は、

エレキギター(YAMAHA MGーMⅢ)→FAT515W→ROCKMANsustainor→PEAVEYclassic30(アンプ)

という接続で弾いてみました!

※最初の方で設定をいじっている時など時折音量が上がります!

あまり大きい音量設定で再生しないようご注意ください。

例によってうろ覚えのオンパレードですが、雰囲気は伝わると思います。

ROCKMANが届いたのでテンション上がってやってみた動画シリーズいかがでしたでしょうか。
また機会がありましたら更に音作りして、1曲通して弾いてみた動画なども

撮ってみようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ROCKMANの音を出してみたvol.2

こんにちは!
ギタリストの前野直也です。

昨日公開した動画をご覧くださった皆様ありがとうございます。あんな結果ですみません。
ROCKMANと言えばプリアンプという認識で、1本目の動画ではROCKMANのアウトプットからコンボアンプのリターンに繋いでいました。

お分かりの方もいらっしゃると思いますが、これだとアンプ側のボリュームは効かないんですよね。

で、一応音は出たものの音がとにかくでかい
動画ではそこまで伝わらないかもしれませんが、昼間とはいえ苦情確定の音量出ています。

ROCKMAN側のボリュームを最小にしてもバカでかい音しか出ない、歪ませようとすると音量だけが更に上がると言う状態だったので、一旦撮影を止めて繋ぎ方から考え直すことに。

ということで今回の2本目の動画ではROCKMANのアウトプットからコンボアンプのインプットに繋いでみました。
これだとROCKMANをエフェクターとして使う感じになりますが、アンプ側のボリュームで音量が調節できます。
これでアンプ側のボリュームをできるだけ小さくして撮影したのが今日ご紹介する2本目の動画です。やっとまともに音が撮れる音量に出来ました。

クリーンはROCKMAN内蔵のコンプレッサーのみでカッティングしています。これだけでも初期のB’zっぽい気分になれますね。

歪みはクランチ寄りのEDGEと、よりしっかり歪むDISTという2つのモードを試していますが、どちらも松本サウンドらしい感じが出ているのではないでしょうか。

動画のなかでも話していますが、歪みをより松本サウンドに近づけるにはスタジオで大きいアンプ、できればメサブギー等に繋いでみると更に近づけそうな気がします。

特にDISTモードでGAIN BOOSTも使用すると前段のコンプレッサーも相まってまさに「あの音」という感じです。喋りも忘れてうろ覚えのフレーズをいろいろ弾いてしまいました。

 

今回はいかにもROCKMANという音をご紹介できたのではないかと思います。
発売当時をご存知の方はROCKMANの開発者トムショルツがギタリストを務めるBOSTONのサウンドを思い出される方もいらっしゃることと思います。
僕を含めB’zでROCKMANを知った方は初期松本サウンドとお感じになるのではないでしょうか。

急に撮ったのでB’zフレーズを弾きたい気持ちはありつつ、うろ覚えすぎてなんか違う結果になってるところも多々ありますがご了承ください。

と、小さめの文字でハードルを下げたところで2本目の動画をご覧ください。

さて、ここまで来たらやはり初期松本サウンドに欠かせないアレも試してみたいですよね。何かって?ほらアレですよアレ。という訳で次回の動画ではROCKMANにアレをつないでみようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

新しい機材でアコースティックギターが進化する

こんにちは!
サポートギタリストの前野直也です!
今回はアコースティックギター用に新しく導入した機材についてご紹介します!

こちらが新しく導入したZOOM A3です!拍手!(何

ZOOM A3外箱
A3の外箱です。
まだ導入したてではあるんですが、これかなり便利です
ライヴやレコーディングに便利な機能が色々あるのですが、少しずつご紹介していきますね!
A3箱を開けたところ
箱を開けたところです。なんかワクワクしますね!
今日ご紹介しますのは「モデリング機能」!
モデリングというとパソコンに繋いだだけなのにマーシャルアンプに繋いだような音が出たり、
ストラトを弾いているのにレスポールの音が出たり、といったものをイメージされるかも知れませんが本機のモデリングは違います。
アコースティックギターをアンプやPA卓に繋ぐとき、大抵はブリッジの下に装着されたピックアップ(ピエゾピックアップと言います)やサウンドホールに取り付けたピックアップで拾った音を出しています。
しかしこれだとアコースティックギターのボディの振動を完全に拾えるわけではないので、実際に目の前で聞いている音とは異なる場合がほとんどです。
これを解消するにはマイクを立てて拾ってもらう方法もありますが、ハウリングの問題もあったり、ライヴでは演奏していて動いてしますとマイクがベストポジションからずれてしまうこともあります。なので実際対バン形式のライヴなどでこの方法を採る方は少ないです。
ZOOM A3のモデリングはピックアップで拾った音を、ギター本体の自然な振動も拾った音にするためのモデリングです。なのでかなり色々なギターのモデリングが入っていますが、使っているギターにあったモデルを設定するのが正しいようです。実際につないでいるギターと極端に違うモデルに設定するとあまりいい音になりません。

しかし正しく設定すると、ピックアップの音だけなのに自然な音になって気持ち良いです。

 

ということで実験してみました!
使ったアコースティックギターはMartin HD-28Vです!

Martin HD-28V
アコースティックギターMartin HD-28V
ギターからA3に繋ぎ、A3からステレオで録音しました。
まずはなんのモデリングもエフェクターもなしのピエゾプックアップのみの音

 

そして今回の使用ギターに一番近いD-28のモデリング。自然すぎてあまりわからないかも?

ちょっとタイプがマッチしていないGibsonのJUMBOタイプのモデリング。これは結構好きです。

だいぶタイプが違うリゾネイターーギター(ギターの表面に金属の板が付いてるやつ)のモデリング。これまでより波形が小さくなりました。シャリシャリ感が強いかも?
全然違うウッドベースのモデリング。ここまで合わないモデルだと変な音ですね。

ここでモデリングやエフェクターの音と原音の混ぜ具合が変えられることに気づいたので(今までずっと70%くらいかかってる状態でした。)試しに100%にしてA3内蔵のディレイもかけてみました。

やっぱり自然が一番と思い直してD-28モデリングとディレイをかけてミックスを60%にしてみました。
いかがでしたか?
やはり使用しているギターにマッチしたモデリングが一番良い感じになるかと思います。
ディレイなどのエフェクターもいれて、60%くらいのミックス具合にするとこれだけでなかなかの音で録れるんじゃないかと思います
A3にはピエゾ、普通のピックアップに加えてマイクも繋げるので、その組合せでも色々可能性がありそうです。他にも機能があるので、またいろいろやってみますね。
それでは今回はこの辺で!