令和になりました!

こんばんは!ギタリストの前野直也です!

令和になって初のブログ更新です。
計らずも昭和、平成、令和と3つの元号を生きる男になってしまいました。
TVでも言われ尽くしたことですが、お祝いムード満載で元号が代わると言うのは良いですね。平成の時は昭和天皇が崩御されたので自粛ムードも強かったですからね。

令和は戦争も天災もなく、事故とか事件とかもなるべく少なく、平和な世界になると良いなぁと思っています。

新しい元号「令和」の初仕事は平成最後に書いたブログの誤字を直すことでした(ご指摘下さった皆様ありがとうございます)。
令和の目標は誤字を無くすに決定です。

…まぁそれもありますが、昭和・平成で出会った沢山の皆様とのご縁を大切に、音楽良いね!音楽やって人生楽しい!と思ってくださる方をもっともっと増やしていきたいです。

さて、令和になってこの2日間はレッスン以外は殆ど自宅で弾きこもっておりました。

と言うのも明日(日付で言ったらもう今日ですね)5月3日に、令和になって初めてのライヴがあるのです。

B’zのbrotherhoodやELEVENのツアーに参加されていた満園庄太郎さん、黒瀬蛙一さんをお迎えして、当時の楽曲を演奏するというセッションに参加します。

会場は中野坂上のMELODIA Tokyo。昨年9月にお二人と初めてご一緒させて頂いた会場です。

DVDの映像を見ながら仕込んでいると、画面の中でお二人がB’zのステージで演奏されているのを見る度に身が引き締まる思いです。

お二人の素晴らしい演奏に少しでも良い形で参加できるように、楽しみつつ頑張ります!

once upon a time in 小岩

こんにちは!ギタリストの前野直也です。
2/2土曜日、小岩オルフェウスにて行われたB’z festivalに参加してきました。
今回はバンドでの出演は叶いませんでしたが、セッションコーナーにセカンドギターとして参加させて頂きました。
スペシャルゲストとして満園庄太郎さん、黒瀬蛙一さんをお迎えしてBrotherhood、ELEVENの曲を中心にセッションすると言う、B’zファンのプレイヤーにとっては夢のようなセッションに、セカンドギターとは言え複数曲参加させて頂くなんて。緊張もしましたがとても光栄な時間でした。
昨年、僕のfacebookページに来たご連絡がきっかけで、9月に行われたMELODIA TOKYOでのセッションに参加させて頂きました。そこでのご縁から、今回のイベントに繋がりました。MELODIAの打ち上げでお二人とまたお願いします!と言ったことがこんなに早く現実になるなんて。
小岩オルフェウスでのB’zfestivalにお二人が参加されるのは実は今回が2回目。前回は客席から見ているだけだったので、参加できて嬉しかったです。
この日は黒瀬さんが実際に当時のツアーで使用されていたドラムヘッドも会場に飾られ、前回以上に盛り上がりました。
満園さんも黒瀬さんも、リハーサルから参加してくださいました。限られた時間の中でも構成の確認が必要な所を合わせてまとめあげて行く様子を見ているだけでも勉強になりました。
「ギリギリChop」ではリードギターを弾かせて頂きました。
ボーカルの方の「on BASS!満園庄太郎‼」から気を持たせてのファイヤー。そしてベースソロをタッピング絡みの六連符で締めくくった後に黒瀬さんのカウントからギリギリChopのイントロへ。ELEVENのDVDで何度も見た光景が目の前で繰り広げられるのは、ステージ上にいても感動しました。
この日、実は20年前にBrotherhoodツアーを横浜で一緒に見た友人が来てくれていました。あの日一緒にゲートをくぐって、満園さん、黒瀬さんが演奏するステージを見た彼が、20年後に僕がお二人とあの日の曲を演奏する所を見てくれた事は、なんだか感慨深い物がありましたね。
最後はテレビでもお馴染み、B’zものまねの中村素也さんも駆け付けて下さって、最後は皆でUltra soul、アンコールでギリギリChopのおかわりまでとっても盛り上がりました!
満園さん、黒瀬さん、中村さん、主催のココさんはじめAAFの皆様、小岩オルフェウスの皆様、出演者の皆様、そしてお客様本当にありがとうございました!

19 years after

こんにちは!
ギタリストの前野直也です。

 

前回お話ししましたが、僕が初めて観に行ったB’zのライヴはBrotherhoodの時でした。

 

次にB’zのライヴに行くのはendless summerになるんですが、その間に僕は大学生から専門学校生になり、バンドのサポートギター等、ギタリストの活動を本格化させていきました。

 

その中で色々ご縁があってB’zコピーバンドをやっている人達と仲良くなり、

自分でもB’zコピーバンドを組みました。

 

またレコーディングやレッスンも始め、このブログやFacebookページ等でもそれらの自分の活動をご紹介するようになりました。

 

最近ではこちらのブログでもB’zの記事も書いたり、

B’zの曲を弾いた動画もご紹介したりしています。

 

そしてBrotherhoodツアーから19年が過ぎ、

B’z30周年という節目の年でもある2018年、
僕のFacebookページを介してある方からご連絡を頂きました。

 

「B’zコピーバンドのライヴとセッションのイベントに出ませんか?」

大まかに言うとそういう感じでしたが、その中の一文に驚きました。

 

「セッションでは満園庄太郎さん、黒瀬蛙一さんが参加されます。」

 

 

 

 

あ、もうちょっとだけ続きます。

最後までお読み頂きありがとうございました!

once upon a time in 横浜

こんにちは!
ギタリストの前野直也です。

皆さんはB’zのライヴに行かれた事はおありですか?
行ったことがあるという方にお聞きします。
初めて行ったLIVE-GYMはいつですか?

僕は中学の頃からB’zファンで、シングルでいうとLADY NAVIGATION辺りからはリアルタイムで聞いてました。

しかし当時は茨城の片田舎の中学生だったのでライヴの情報の入手のしかたもよく知らず、初めて生で観たLIVE -GYMは大学生の時、

アルバム「brotherhood」に伴うツアーでした。当時のバンドサークルの友達が誘ってくれて初めて行きました。

アリーナの後ろの方の席でしたので肉眼ではあまりはっきり見えませんでしたが、やはり初めて生で体験するB’zのライヴは家のビデオで見る何倍も迫力がありました。稲葉さんと松本さんに扮した子供が二人出てく

マイクを外して生で響き渡る稲葉さんの「遠くまで」。モニターで大きく映し出される松本さんの手元。ZEROの冒頭で稲葉さんとベース満園庄太郎さんの掛け合い。黒瀬蛙一さんの鋭いスネアの音。等々・・・あいにくの雨も気にならない程の素晴らしいライヴでした。

いやーB’zのファンで良かった!と思いました。

この時の模様を収めた「once upon a time in 横浜」はビデオでも買い、後にDVD化されたのも買いました。

VHS

しかしながらひとりっ子の引っ込み思案ぶりを発揮して、次にB’zのライヴに行くのは「Endless Summer」になるんですが。それはともかく。

初めて生で観たライヴから19年。
2018年9月、あんな貴重な体験をする時が来るとは、当時は思いもよらなかったのです。ベタな引きですが、もうちょっと続きます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました‼