令和になりました!

こんばんは!ギタリストの前野直也です!

令和になって初のブログ更新です。
計らずも昭和、平成、令和と3つの元号を生きる男になってしまいました。
TVでも言われ尽くしたことですが、お祝いムード満載で元号が代わると言うのは良いですね。平成の時は昭和天皇が崩御されたので自粛ムードも強かったですからね。

令和は戦争も天災もなく、事故とか事件とかもなるべく少なく、平和な世界になると良いなぁと思っています。

新しい元号「令和」の初仕事は平成最後に書いたブログの誤字を直すことでした(ご指摘下さった皆様ありがとうございます)。
令和の目標は誤字を無くすに決定です。

…まぁそれもありますが、昭和・平成で出会った沢山の皆様とのご縁を大切に、音楽良いね!音楽やって人生楽しい!と思ってくださる方をもっともっと増やしていきたいです。

さて、令和になってこの2日間はレッスン以外は殆ど自宅で弾きこもっておりました。

と言うのも明日(日付で言ったらもう今日ですね)5月3日に、令和になって初めてのライヴがあるのです。

B’zのbrotherhoodやELEVENのツアーに参加されていた満園庄太郎さん、黒瀬蛙一さんをお迎えして、当時の楽曲を演奏するというセッションに参加します。

会場は中野坂上のMELODIA Tokyo。昨年9月にお二人と初めてご一緒させて頂いた会場です。

DVDの映像を見ながら仕込んでいると、画面の中でお二人がB’zのステージで演奏されているのを見る度に身が引き締まる思いです。

お二人の素晴らしい演奏に少しでも良い形で参加できるように、楽しみつつ頑張ります!

once upon a time in 小岩

こんにちは!ギタリストの前野直也です。
2/2土曜日、小岩オルフェウスにて行われたB’z festivalに参加してきました。
今回はバンドでの出演は叶いませんでしたが、セッションコーナーにセカンドギターとして参加させて頂きました。
スペシャルゲストとして満園庄太郎さん、黒瀬蛙一さんをお迎えしてBrotherhood、ELEVENの曲を中心にセッションすると言う、B’zファンのプレイヤーにとっては夢のようなセッションに、セカンドギターとは言え複数曲参加させて頂くなんて。緊張もしましたがとても光栄な時間でした。
昨年、僕のfacebookページに来たご連絡がきっかけで、9月に行われたMELODIA TOKYOでのセッションに参加させて頂きました。そこでのご縁から、今回のイベントに繋がりました。MELODIAの打ち上げでお二人とまたお願いします!と言ったことがこんなに早く現実になるなんて。
小岩オルフェウスでのB’zfestivalにお二人が参加されるのは実は今回が2回目。前回は客席から見ているだけだったので、参加できて嬉しかったです。
この日は黒瀬さんが実際に当時のツアーで使用されていたドラムヘッドも会場に飾られ、前回以上に盛り上がりました。
満園さんも黒瀬さんも、リハーサルから参加してくださいました。限られた時間の中でも構成の確認が必要な所を合わせてまとめあげて行く様子を見ているだけでも勉強になりました。
「ギリギリChop」ではリードギターを弾かせて頂きました。
ボーカルの方の「on BASS!満園庄太郎‼」から気を持たせてのファイヤー。そしてベースソロをタッピング絡みの六連符で締めくくった後に黒瀬さんのカウントからギリギリChopのイントロへ。ELEVENのDVDで何度も見た光景が目の前で繰り広げられるのは、ステージ上にいても感動しました。
この日、実は20年前にBrotherhoodツアーを横浜で一緒に見た友人が来てくれていました。あの日一緒にゲートをくぐって、満園さん、黒瀬さんが演奏するステージを見た彼が、20年後に僕がお二人とあの日の曲を演奏する所を見てくれた事は、なんだか感慨深い物がありましたね。
最後はテレビでもお馴染み、B’zものまねの中村素也さんも駆け付けて下さって、最後は皆でUltra soul、アンコールでギリギリChopのおかわりまでとっても盛り上がりました!
満園さん、黒瀬さん、中村さん、主催のココさんはじめAAFの皆様、小岩オルフェウスの皆様、出演者の皆様、そしてお客様本当にありがとうございました!

19 years after

こんにちは!
ギタリストの前野直也です。

 

前回お話ししましたが、僕が初めて観に行ったB’zのライヴはBrotherhoodの時でした。

 

次にB’zのライヴに行くのはendless summerになるんですが、その間に僕は大学生から専門学校生になり、バンドのサポートギター等、ギタリストの活動を本格化させていきました。

 

その中で色々ご縁があってB’zコピーバンドをやっている人達と仲良くなり、

自分でもB’zコピーバンドを組みました。

 

またレコーディングやレッスンも始め、このブログやFacebookページ等でもそれらの自分の活動をご紹介するようになりました。

 

最近ではこちらのブログでもB’zの記事も書いたり、

B’zの曲を弾いた動画もご紹介したりしています。

 

そしてBrotherhoodツアーから19年が過ぎ、

B’z30周年という節目の年でもある2018年、
僕のFacebookページを介してある方からご連絡を頂きました。

 

「B’zコピーバンドのライヴとセッションのイベントに出ませんか?」

大まかに言うとそういう感じでしたが、その中の一文に驚きました。

 

「セッションでは満園庄太郎さん、黒瀬蛙一さんが参加されます。」

 

 

 

 

あ、もうちょっとだけ続きます。

最後までお読み頂きありがとうございました!

once upon a time in 横浜

こんにちは!
ギタリストの前野直也です。

皆さんはB’zのライヴに行かれた事はおありですか?
行ったことがあるという方にお聞きします。
初めて行ったLIVE-GYMはいつですか?

僕は中学の頃からB’zファンで、シングルでいうとLADY NAVIGATION辺りからはリアルタイムで聞いてました。

しかし当時は茨城の片田舎の中学生だったのでライヴの情報の入手のしかたもよく知らず、初めて生で観たLIVE -GYMは大学生の時、

アルバム「brotherhood」に伴うツアーでした。当時のバンドサークルの友達が誘ってくれて初めて行きました。

アリーナの後ろの方の席でしたので肉眼ではあまりはっきり見えませんでしたが、やはり初めて生で体験するB’zのライヴは家のビデオで見る何倍も迫力がありました。稲葉さんと松本さんに扮した子供が二人出てく

マイクを外して生で響き渡る稲葉さんの「遠くまで」。モニターで大きく映し出される松本さんの手元。ZEROの冒頭で稲葉さんとベース満園庄太郎さんの掛け合い。黒瀬蛙一さんの鋭いスネアの音。等々・・・あいにくの雨も気にならない程の素晴らしいライヴでした。

いやーB’zのファンで良かった!と思いました。

この時の模様を収めた「once upon a time in 横浜」はビデオでも買い、後にDVD化されたのも買いました。

VHS

しかしながらひとりっ子の引っ込み思案ぶりを発揮して、次にB’zのライヴに行くのは「Endless Summer」になるんですが。それはともかく。

初めて生で観たライヴから19年。
2018年9月、あんな貴重な体験をする時が来るとは、当時は思いもよらなかったのです。ベタな引きですが、もうちょっと続きます。

最後までお読み頂き、ありがとうございました‼

B’z 30th Year Exhibition SCENES劇場版見てきました!

こんにちは!

ギタリストの前野直也です!

B’z 30th year Exhibition SCENESのシアターで公開していた映像があったのですが、 その時はチケットが入手できず諦めていました。
その映像が映画館で見られるという事で、イオンシアター幕張新都心へ行ってきました。

平日だったこともあり場内は比較的空いていてゆったり見られました。

映画館に行くこと自体数年ぶりなのであまりに大きいスクリーンにびっくり。
映画の予告編を見ながら「もっと後ろの席にしたほうが見やすかったかな?」
と心配になるほどでした。

ネタバレはできないので内容は言えませんが、最初の場面から鳥肌立ちました。
かっこいい場面あり思わず笑ってしまう場面あり、B7zのおふたりや周囲の方々の貴重な映像が沢山詰まっていました。
。。。DVDにならないかなぁ。

大きいスクリーンで松本さんの手元がばっちり確認できる場面も。昔のインタビューで「ピッキング強いんだよね」と話していましたが、

繊細に弾く時も強いピッキングの時も丁寧にコントロールしている
ことに改めて感嘆しました。あれをステージで動き回りながらやるのは並大抵のことではありません。

 

今回見に行ったイオンシアター幕張新都心は「ULTIRA」というスクリーンで、実際にその場にいるかのような臨場感のある音響でした。4列目で見たのですが、横からも後ろからも声や音が聞こえてきて、本当にその場にいるような、ライヴをかぶりつきで見ているような気持ちになりました。
終わったあと規制退場じゃなかったっけ?と一瞬錯覚するくらいの臨場感でした
(本当に錯覚してしばらく座ってました。我に帰ったら平日の空いてる映画館だったw)

見に行くときは晴れていて暑かったのに、見終わって帰宅しようとしたら突然の雷雨でした。
まさかB’zの映像見たからかな?

と来月参戦するライヴの天候が心配になったりしましたが。
まあ僕が見に行った時はそこまで雨ばっかりじゃないので大丈夫でしょう。

来月参戦する

Pleasure 2018がますます楽しみになる素晴らしい映像でした!!

本編スタート前に流れる「ULTIRA」の説明を聞きながら

「ウルティラソウル!」

とかくだらないことしか思いつかなかったことを反省しつつ、

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

サンタクロースに交渉してみた

こんにちは!ギタリストの前野直也です!

さて、ギターの写真(前々回参照)と転校生N君の発言(前回参照)がきっかけとなって、僕は「エレキギターが欲しい。買うならあのギターがいい!」という思いを日に日に強くしていきます。

水戸市の楽器店事情

当時の水戸市には地元では割りと大きい川又楽器というお店が2ヶ所あって、特に水戸駅前のお店は本屋(川又書店)、レコード店に楽器店まで入った6階建てのビルでした。

今までは駅前のビルの本屋とレコード店のフロアしか利用していなかった僕ですが、ついに6階、未知の楽器店フロアに足を踏み入れる決断をします!

だがしかし、そこは内気な一人っ子。初入店したはいいものの、店員さんに話しかけられないようにしながら店内を徘徊するのが精一杯でした。

ときおり店員のおじさんに「なにかお探しですか」と話しかけられても、「いえ・・・べつに・・・(小声)」と逃げ切り、

なんとかお目当ての松本モデルが飾ってあること、店頭だと少し安くなってるけど、それでも価格が83000円ほどすることを確認して、カタログをいくつかもらって退散してきました。

当時の雑誌広告。こんなのとかカタログを毎日眺めてました。

もう一店舗の方は平屋建てで、レコードのコーナーと楽器コーナーが半分ずつになってました。
こちらのお店も何度か行きましたが大抵いつも金髪ロン毛の男性店員さんがいて、よくお店のギターで速弾きしていました。
僕はそれを「おお!バンドやってる人みたいだ!」と思って見ていました。

作戦を立てる

 

川又楽器の2箇所のお店でカタログを集めてきて、毎日のように眺めていました。

そして沢山のメーカーがある事、松本モデルより安いギターもたくさんある事が
わかりました。

 

貯めてあったお年玉だけで買えるギターもあることが分かりました。
だがしかし、

やっぱりどうせなら松本さんのあのギターが欲しい!

松本モデルの広告

この時点でたしか中2の秋頃だったと思います。
迷った挙句、僕は年末に迫ったイベントを活用することを思いつきました。

中2の冬の交渉相手w

「お母さーん、サンタさんに
ギターのお金少し出してもらえないかな?」

子供か!!というツッコミもあるでしょう。
子供の分際でサンタクロースに「お金を少し出してくれ」という頼み方もどうかと思いますが。
とにかく当時の僕はその様な作戦に出たわけで。

その結果は次回に!

クリスマス

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

ROCKMANをスタジオで鳴らしてみた!

こんにちは!
B’z大好き、サポートギタリストの前野直也です。

昨年こちらでご紹介したROCKMANのSastainorですが、
その時は自宅のアンプに直で繋いで鳴らしてみた感じでした。

今回は昨年のクリスマスイヴにリハーサルスタジオで鳴らしてきたので、

その様子をご紹介します。

今回の使用機材

今回使用したギターは懐かしい方には懐かしいYAMAHA MG-MⅡG!
ちょうど僕がB’zにハマった頃に松本さんが使用していたギターです。

アンプはスタジオにあったMarshall JCM900を使いました。

エフェクターはソロのブースト用にFAT514Dと、ワウ半止めサウンドのためにJIM DANROP CRYBABYのTAK MATSUMOTOモデルを使用しました。
今回はリードを弾くときに、この二つを同時にオンしたかったので、One ControlのBLACK LOOPというループスイッチャーに入れています。

信号の流れとしてはギターから」BLACK LOOPにいき、そこからROCKMANへ。ROCKMANのアウトプットからJCM900のインプットに入れています。

 

新たなる挑戦

そしてここで新たな作戦にトライしました。
ROCKMAN Sastainorの背面にセンドリターンが付いているので、そこにZOOM MS-50Gマルチストンプを入れました。
これはサイズはコンパクトエフェクターですが、中身はマルチエフェクターで、例えば任意のエフェクターをひとつ読み込んでおいて
「コンパクトのディレイとして使おう」とか「ブースターとして使おう」というようにも使えますし、マルチエフェクターのようにスイッチを踏むたびに
プログラム1{コンプ+コーラス}とプログラム2「ディストーション+リバーヴ」と切り替えて使うこともできるすぐれ物です。

今回はRISKY時代の曲を弾いてみたので、マルチストンプで常にコーラスとショートディレイが薄くかかっている状態にしました。
これでかなり当時の雰囲気が出たんじゃないかと思います。

反省会

この新しい作戦、といっても僕が今回初挑戦なだけでやってる方は沢山いらっしゃいますが。
実はスタジオに入ってやってみたら持ってきたシールドの本数がたりないというミスがあり、さらにマルチストンプ用の電源ケーブルの長さが足りなくて壁のコンセントに届かず、接続に時間がかかってしまいました。そのため肝心の弾いてみた部分がかなりバタバタした撮影になってしまいました。

機材を撮影したんですがこちらもバタバタ具合がよーく出ております。

 

この時撮影した曲がB’z初期のクリスマスソング「HOLY NGHTにくちづけを」です。こちらではご紹介してませんでしたが、

クリスマスイヴにSNSにアップしました。

もう年明けてますが、せっかくなので昨年のイヴに揚げたものとは別テイクをご紹介しておきます。

次回はもっと時間とって接続の仕方を研究したいと思っております。
最後までご覧いただきありがとうございました!

僕がギターを買おうと思った写真

このシリーズでは一人っ子の内気な小学生たった僕がB’zの音楽に出会うまでと初期のB’zにはまっていた頃の事を振り返っています。
ちなみに今は中学生時代の話です。

松本孝弘にハマる

前回初めてB’zのシングル「LADY NAVIGATION」を買った僕は、B’zにもハマりました。

そしてTM NETWORKのCAROLツアーの本で松本さんのインタビューを読んだりしていくうちに、TMの曲を聴く時もギターに注目するようになっていきました.

ギターのカッコ良さを知る

その中でも特に魅了されたのは「CAROL」のオープニングを飾る「A Aay In The Girl’s Life~永遠の一瞬~」とそれに続く「Carol~Carol’s ThemeⅠ~」
のギターでしたね。2曲とも派手なギターソロがあるわけではないのですが、伴奏(当時の僕にバッキングなどというボキャブラリーは無かったので)ともソロともつかない楽曲の世界を絶妙に彩っている松本さんのギターに惹かれました。

正直に申し上げますと、当時はここで書いているほど明確に「よーし、ギターに注目して聴くぞーっ!」と意識していたわけじゃなかったのですが(^_^;)
気が付くとTMを聴いていても、B’zを聴いていても今までよりも松本さんのギターに耳がいくようになっていました。

運命の出会い

そんなある日、レコード店で僕はあるCDに出会います。
それが松本孝弘さんのソロシングル「’88 Love Story」でした。
なんの情報も知らなくて、B’zのシングルのコーナーに挟まっていたのをたまたま見つけたんですよ。

788 LOVE STORY

歌も入っていないいわゆるギターインストの曲がシングルで発売されるって
なかなかないですよね、
この曲は当時カルビーポテトチップスのCMソングとして放送されていた事もあって
シングル発売されたようです。

裏ジャケット

このシングルに出会った僕は気が付くとこのシングルを買ってました。B’zのアルバムとか他にもいっぱいあるのにw
なぜかこれ。
そして当時8cmシングルだったこれのジャケットをめくったところにあった一枚の写真にとっても惹きつけられました。
その写真がこれです。

ギターの写真

なぜか

このモノクロ写真のギターがめちゃくちゃかっこよく見えたんですよね。
そのうちに僕はいつしかこう思うようになっていました。
「この写真のギターがほしい」

この写真が僕がギターを購入するきっかけとなった一枚です。

ギターを始めるきっかけになった出来事はもうひとつあるのですが、それはまた次回に。

最後までお読みいただきありがとうございました!