ベースも弾きます!

こんにちは!
サポートギタリスト前野直也です!

今年は年初から新曲の各パートのレコーディングの模様をご紹介しております!

新曲の紹介記事はこちらからどうぞ!

録音しながら作る?年越しの曲をレコーディングしました!

 

前回はアコースティックギターを録音しました。

アコースティック録音の記事はこちらから

http://gtmaeno.com/recording/new_morning_guitar_2/

 

 

そして今回までの間に、録音したアコースティックギターとクリックを聴きながらドラムを打ち込みました。
ドラムはキック、スネアとハイハットに分けてリアルタイムで入力してからクオンタイズをかけました。

今回はベースを録音します!

ベースはKillerのTAIJIモデルです。
大学のサークルの先輩から買った物ですが、最近

「ついでにベースも弾いてもらえませんか?」というご依頼もあったりして出番が増えています!

もちろん打ち込みでベースを入れる良さもありますし、リアルな音源も出てきていますが、やはりグリッサンドなどの表現を入れようとするとそれなりに作りこまないといけませんからね。それなら実際に生で弾いてもらった方がいいとお考えの方もいらっしゃいますね。

普段はピック弾きなのですが、今回は曲調を考えてツーフィンガーで弾きました。

www.youtube.com

ツーフィンガーとは右手の親指を一番太い弦(僕のベースだと4弦ですね)に置いて、人差し指と中指で弦を弾く弾き方です。親指を置くためのフィンガーレストがついているベースもあるくらい、ベースではポピュラーな弾き方です。

 

ピック弾きほどアタックがガンガン出ないので、こういう曲にはツーフィンガーの方が合いますね。

と言ってもツーフィンガーを習ったことはないので、
最近教わっているクラシックギターの右手を参考にやってみました!

信号の流れはベースからAPHEXというメーカーのプリアンプ兼DI.に行き、DI.からオーディオインターフェイスに送っています。DI.とインターフェイスの間はキャノンケーブルを使用してます。

f:id:maenonaoya:20170124032918j:plain

チョッパーとかハイテクなことは出来ませんが、基本的なベースであればお入れする事が出来ますので、

「出来たらベースも生で入れてもらいたい!」という方はご相談くださいね!

次回はエレキギターのバッキングの録音のお話です。

投稿者: 前野 直也

茨城県出身。TM NETWORKで音楽に目覚め、B'zを見てギターにハマる。 中央大学法学部を経てTSM(東京スクールオブミュージック専門学校)に進学。卒業後は数々のバンドのサポートを努め、ゲーム音楽のレコーディングにも参加。 2016年より八王子新堀ギター音楽員の講師も務めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です