ハウリング、ダメ、絶対

こんにちは!
サポートギタリストの前野直也です!

今回も引き続きアコースティックギター用に導入した新機材、ZOOM A3の機能についてご紹介します。

レコーディングにライブに便利な機能が色々詰まったA3ですが、今日ご紹介する機能はアンチフィードバックです!
アンチとは「反○○」と言うようになにかに反対する、抵抗すると言う意味です。「アンチエイジング」なら加齢に抵抗しますよね。
そうするとアンチフィードバックということは、「フィードバックに抵抗する」ということです。その名のとおりフィードバックが起こりにくくする機能です。

例えばライブ中にシーンとした会場でアコギのアルペジオで始まる曲なんかで、いきなり

 

ピーーーッ

 

なんてなったら台無しですよね。そんな事態を防いでくれる機能です。
A3のアンチフィードバックの便利なところはなんと言ってもその使い方です。

anti feedbackというスイッチを踏むだけ!

これだけでフィードバックしている周波数を自動検出してくれて、そこをカットしてくれます。

ライブ中に演奏したらフィードバックが!と言うときもスイッチを踏むだけで解消できるのでとっても便利です。
一回踏んだけどまだおさまさらない、と言うときは、また踏むともう一度別の帯域を検出してカットしてくれます。最大3ヶ所までカットしてくれます。
カットする深さはあらかじめ設定可能ですので、音色の変化を最小限にしたい時は浅く、バンドのライブ等でフィードバックしやすい時は深めにしておくなど、状況に応じて設定しておくと良いでしょう。

この機能は特にライブでアコースティックを使う方には重宝すると思います。

僕自身アコギにエフェクターをかける事が無かったのですが、このZOOM A3はレコーディングにライブに活躍しています。

等と書いているうちにAC-2が出て、と思ったら AC-3も出たの?!という新製品ラッシュのZOOMのアコギ用エフェクターですが。
これから購入される方はA店頭でAC-2やAC-3と比べてみるのも良いと思います。

アコギ用エフェクターZOOM A3、ライブにレコーディングにアコギを使われる方はお試しになってはいかがでしょうか!

それではまた!

投稿者: 前野 直也

茨城県出身。TM NETWORKで音楽に目覚め、B'zを見てギターにハマる。 中央大学法学部を経てTSM(東京スクールオブミュージック専門学校)に進学。卒業後は数々のバンドのサポートを努め、ゲーム音楽のレコーディングにも参加。 2016年より八王子新堀ギター音楽員の講師も務めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です