ROCKMANをスタジオで鳴らしてみた!

こんにちは!
B’z大好き、サポートギタリストの前野直也です。

昨年こちらでご紹介したROCKMANのSastainorですが、
その時は自宅のアンプに直で繋いで鳴らしてみた感じでした。

今回は昨年のクリスマスイヴにリハーサルスタジオで鳴らしてきたので、

その様子をご紹介します。

今回の使用機材

今回使用したギターは懐かしい方には懐かしいYAMAHA MG-MⅡG!
ちょうど僕がB’zにハマった頃に松本さんが使用していたギターです。

アンプはスタジオにあったMarshall JCM900を使いました。

エフェクターはソロのブースト用にFAT514Dと、ワウ半止めサウンドのためにJIM DANROP CRYBABYのTAK MATSUMOTOモデルを使用しました。
今回はリードを弾くときに、この二つを同時にオンしたかったので、One ControlのBLACK LOOPというループスイッチャーに入れています。

信号の流れとしてはギターから」BLACK LOOPにいき、そこからROCKMANへ。ROCKMANのアウトプットからJCM900のインプットに入れています。

 

新たなる挑戦

そしてここで新たな作戦にトライしました。
ROCKMAN Sastainorの背面にセンドリターンが付いているので、そこにZOOM MS-50Gマルチストンプを入れました。
これはサイズはコンパクトエフェクターですが、中身はマルチエフェクターで、例えば任意のエフェクターをひとつ読み込んでおいて
「コンパクトのディレイとして使おう」とか「ブースターとして使おう」というようにも使えますし、マルチエフェクターのようにスイッチを踏むたびに
プログラム1{コンプ+コーラス}とプログラム2「ディストーション+リバーヴ」と切り替えて使うこともできるすぐれ物です。

今回はRISKY時代の曲を弾いてみたので、マルチストンプで常にコーラスとショートディレイが薄くかかっている状態にしました。
これでかなり当時の雰囲気が出たんじゃないかと思います。

反省会

この新しい作戦、といっても僕が今回初挑戦なだけでやってる方は沢山いらっしゃいますが。
実はスタジオに入ってやってみたら持ってきたシールドの本数がたりないというミスがあり、さらにマルチストンプ用の電源ケーブルの長さが足りなくて壁のコンセントに届かず、接続に時間がかかってしまいました。そのため肝心の弾いてみた部分がかなりバタバタした撮影になってしまいました。

機材を撮影したんですがこちらもバタバタ具合がよーく出ております。

 

この時撮影した曲がB’z初期のクリスマスソング「HOLY NGHTにくちづけを」です。こちらではご紹介してませんでしたが、

クリスマスイヴにSNSにアップしました。

もう年明けてますが、せっかくなので昨年のイヴに揚げたものとは別テイクをご紹介しておきます。

次回はもっと時間とって接続の仕方を研究したいと思っております。
最後までご覧いただきありがとうございました!

ROCKMANの音を出してみたvolo.3最終章

こんにちは!
B’z大好き、サポートギタリストの前野直也です!

2回に渡ってROCKMANのSustainorを開封するところから音を出してみるまでを動画でお届けしました。前回アンプのインプットに繋いで、アンプのボリュームを下げることでやっとまともな音が出せました。
クリーン、歪み共に初期の松本孝弘サウンドに近い感じが出せたかな、と思います。

今後使い方に慣れて、空間系等のエフェクターもかけていけばより迫れるかなと思います。が、松本ファンとしてはアレだけは試したい!と思いまして。
そう、初期松本サウンド、特にリードギターで欠かせないアレです!
そのアレとは…

ワウペダルです!

なんですが、今回は最近松本さんが使用しているFATの515Wという機材で試しました。
松本さんのリードの音は、元々はワウベダルをいい感じのところで止めて「あの音」になっているので「半止め」等と言われます。
ワウの半止めと言えばマイケルシェンカーを思い出す方もいらっしゃるでしょう。実際松本さんもマイケルシェンカーの影響で「ワウ半止め」サウンドに目覚めたようです。ワウの効果でちょっと鼻がつまったような音になるのが特徴です。

しかし、大抵のワウペダルはペダルを踏み込むとスイッチが入る仕組みなので、ソロの度にワウを踏み込んでスイッチON!それから半止めの所でペダルを止める…とやっているのは大変だし、丁度いい位置は意外とデリケートなので毎回うまく行くとは限らない。

それならワウペダルがペダルで動かしているパーツをツマミでいじれるようにして、スイッチ踏んだらワウを任意の位置で止めた音が出る様にしよう。と言うのがこの代物です!fixed wahといいます。
まさに半止めの音を出すためだけのエフェクター!

ライヴで半止めサウンドを多用する人にはとても便利です!

というかそれ以外の方には全く必要ないでしょう(笑)

という訳でこのシリーズ三本目にして最終回となる今回の動画は、

エレキギター(YAMAHA MGーMⅢ)→FAT515W→ROCKMANsustainor→PEAVEYclassic30(アンプ)

という接続で弾いてみました!

※最初の方で設定をいじっている時など時折音量が上がります!

あまり大きい音量設定で再生しないようご注意ください。

例によってうろ覚えのオンパレードですが、雰囲気は伝わると思います。

ROCKMANが届いたのでテンション上がってやってみた動画シリーズいかがでしたでしょうか。
また機会がありましたら更に音作りして、1曲通して弾いてみた動画なども

撮ってみようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

ROCKMANの音を出してみたvol.2

こんにちは!
ギタリストの前野直也です。

昨日公開した動画をご覧くださった皆様ありがとうございます。あんな結果ですみません。
ROCKMANと言えばプリアンプという認識で、1本目の動画ではROCKMANのアウトプットからコンボアンプのリターンに繋いでいました。

お分かりの方もいらっしゃると思いますが、これだとアンプ側のボリュームは効かないんですよね。

で、一応音は出たものの音がとにかくでかい
動画ではそこまで伝わらないかもしれませんが、昼間とはいえ苦情確定の音量出ています。

ROCKMAN側のボリュームを最小にしてもバカでかい音しか出ない、歪ませようとすると音量だけが更に上がると言う状態だったので、一旦撮影を止めて繋ぎ方から考え直すことに。

ということで今回の2本目の動画ではROCKMANのアウトプットからコンボアンプのインプットに繋いでみました。
これだとROCKMANをエフェクターとして使う感じになりますが、アンプ側のボリュームで音量が調節できます。
これでアンプ側のボリュームをできるだけ小さくして撮影したのが今日ご紹介する2本目の動画です。やっとまともに音が撮れる音量に出来ました。

クリーンはROCKMAN内蔵のコンプレッサーのみでカッティングしています。これだけでも初期のB’zっぽい気分になれますね。

歪みはクランチ寄りのEDGEと、よりしっかり歪むDISTという2つのモードを試していますが、どちらも松本サウンドらしい感じが出ているのではないでしょうか。

動画のなかでも話していますが、歪みをより松本サウンドに近づけるにはスタジオで大きいアンプ、できればメサブギー等に繋いでみると更に近づけそうな気がします。

特にDISTモードでGAIN BOOSTも使用すると前段のコンプレッサーも相まってまさに「あの音」という感じです。喋りも忘れてうろ覚えのフレーズをいろいろ弾いてしまいました。

 

今回はいかにもROCKMANという音をご紹介できたのではないかと思います。
発売当時をご存知の方はROCKMANの開発者トムショルツがギタリストを務めるBOSTONのサウンドを思い出される方もいらっしゃることと思います。
僕を含めB’zでROCKMANを知った方は初期松本サウンドとお感じになるのではないでしょうか。

急に撮ったのでB’zフレーズを弾きたい気持ちはありつつ、うろ覚えすぎてなんか違う結果になってるところも多々ありますがご了承ください。

と、小さめの文字でハードルを下げたところで2本目の動画をご覧ください。

さて、ここまで来たらやはり初期松本サウンドに欠かせないアレも試してみたいですよね。何かって?ほらアレですよアレ。という訳で次回の動画ではROCKMANにアレをつないでみようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ROCKMANの音を出してみたvol.1

こんにちは!ギタリストの前野直也です!

ロックマンとは

突然ですが、皆さんは「ロックマン」と聞いて何を思い浮かべますか?
ゲーム?B’zの曲のタイトル?

なるほどそういう方も多いでしょう。

 

しかしB’zファン、特にギターを弾いている、関心がある方にとっては

「ロックマン」と言えば松本さんがB’zの初期に愛用していたプリアンプROCKMAN XPRを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

少なくとも僕はそうですw

あ、プリアンプというのはエレキギターの音色を調節する機材です。エレキギターをどんな音にするかを左右する大事な機材です。

 

今このブログの他のシリーズでも書いていますが、元々僕はTM NETWORKが好きだったところから松本さんに惹かれてB’zを好きになりました。

そのTMサポート時代から松本さんがメインで使用していたのがROCKMANというメーカーのプリアンプだったのです。

メーカーの歴史

このプリアンプという機材、様々なメーカーから出ているのですが、松本さんが使用していたROCKMANというメーカーの音は特徴的で
「どんなギターをつないでもROCKMANの音しかしない」と言われる事もあるくらいなのです。まあそこが賛否両論あるところとも言えますが、松本さんのファンとしてはいつかは触ってみたい機材なのです。

ところがこのROCKMANというメーカー、今はもうないのです。ネットで調べたところでは

「創業者は業績が悪化した時に会社を売却。今は権利を持っている会社はあるものの、当時使っていた部品が少ないため再生産の予定もない」とのこと(Wikipediaより抜粋)

久しぶりのオークション

だがしかし、やはり僕がエレキギターを始めるきっかけになった当時の松本サウンドを、死ぬまでに一度は出してみたいよなーと思いまして。

 

ネットで調べたら意外とオークションサイトには出品されていることが発覚。でもやはりそれなりのお値段はするわけで。。。
いろいろ悩んだ末に、比較的お手頃な価格だったサスティナーという機種のそこそこのコンディションの物(音に関係する部分は問題ないけどネジがないとか外観には使用感アリ)を入手しちゃいました!

五年?もっとかも?ぶりのヤ〇オクだったので不安もありましたが、良心的な出品者の方で助かりました!

 

という訳で今回から三回に分けて初めて入手したROCKMAN Sustainorの開封から音が出せるまでの動画をお届けします!

 

動画撮ってみました

とはいえ、自室で喋りながら撮影する動画は初めてでして、聞き取りづらいところやカメラに触っちゃってガサッ!とか言ってるとこもありますが、そこは温かい目で見ていただければ幸いです。放送事故並みに何もしてないところはこれでも切ったんですが・・・You Tuberとかやってる人ってすごいなー。今後の課題ですw

あと・・先にお知らせしちゃいますが
今回の一本目は本当に開封してそのまま撮ってるので・・・
ちゃんとした音は二本目以降でw
それではつたない動画ですがご覧ください。