ROCKMANの音を出してみたvol.2

こんにちは!
ギタリストの前野直也です。

昨日公開した動画をご覧くださった皆様ありがとうございます。あんな結果ですみません。
ROCKMANと言えばプリアンプという認識で、1本目の動画ではROCKMANのアウトプットからコンボアンプのリターンに繋いでいました。

お分かりの方もいらっしゃると思いますが、これだとアンプ側のボリュームは効かないんですよね。

で、一応音は出たものの音がとにかくでかい
動画ではそこまで伝わらないかもしれませんが、昼間とはいえ苦情確定の音量出ています。

ROCKMAN側のボリュームを最小にしてもバカでかい音しか出ない、歪ませようとすると音量だけが更に上がると言う状態だったので、一旦撮影を止めて繋ぎ方から考え直すことに。

ということで今回の2本目の動画ではROCKMANのアウトプットからコンボアンプのインプットに繋いでみました。
これだとROCKMANをエフェクターとして使う感じになりますが、アンプ側のボリュームで音量が調節できます。
これでアンプ側のボリュームをできるだけ小さくして撮影したのが今日ご紹介する2本目の動画です。やっとまともに音が撮れる音量に出来ました。

クリーンはROCKMAN内蔵のコンプレッサーのみでカッティングしています。これだけでも初期のB’zっぽい気分になれますね。

歪みはクランチ寄りのEDGEと、よりしっかり歪むDISTという2つのモードを試していますが、どちらも松本サウンドらしい感じが出ているのではないでしょうか。

動画のなかでも話していますが、歪みをより松本サウンドに近づけるにはスタジオで大きいアンプ、できればメサブギー等に繋いでみると更に近づけそうな気がします。

特にDISTモードでGAIN BOOSTも使用すると前段のコンプレッサーも相まってまさに「あの音」という感じです。喋りも忘れてうろ覚えのフレーズをいろいろ弾いてしまいました。

 

今回はいかにもROCKMANという音をご紹介できたのではないかと思います。
発売当時をご存知の方はROCKMANの開発者トムショルツがギタリストを務めるBOSTONのサウンドを思い出される方もいらっしゃることと思います。
僕を含めB’zでROCKMANを知った方は初期松本サウンドとお感じになるのではないでしょうか。

急に撮ったのでB’zフレーズを弾きたい気持ちはありつつ、うろ覚えすぎてなんか違う結果になってるところも多々ありますがご了承ください。

と、小さめの文字でハードルを下げたところで2本目の動画をご覧ください。

さて、ここまで来たらやはり初期松本サウンドに欠かせないアレも試してみたいですよね。何かって?ほらアレですよアレ。という訳で次回の動画ではROCKMANにアレをつないでみようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ROCKMANの音を出してみたvol.1

こんにちは!ギタリストの前野直也です!

ロックマンとは

突然ですが、皆さんは「ロックマン」と聞いて何を思い浮かべますか?
ゲーム?B’zの曲のタイトル?

なるほどそういう方も多いでしょう。

 

しかしB’zファン、特にギターを弾いている、関心がある方にとっては

「ロックマン」と言えば松本さんがB’zの初期に愛用していたプリアンプROCKMAN XPRを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

 

少なくとも僕はそうですw

あ、プリアンプというのはエレキギターの音色を調節する機材です。エレキギターをどんな音にするかを左右する大事な機材です。

 

今このブログの他のシリーズでも書いていますが、元々僕はTM NETWORKが好きだったところから松本さんに惹かれてB’zを好きになりました。

そのTMサポート時代から松本さんがメインで使用していたのがROCKMANというメーカーのプリアンプだったのです。

メーカーの歴史

このプリアンプという機材、様々なメーカーから出ているのですが、松本さんが使用していたROCKMANというメーカーの音は特徴的で
「どんなギターをつないでもROCKMANの音しかしない」と言われる事もあるくらいなのです。まあそこが賛否両論あるところとも言えますが、松本さんのファンとしてはいつかは触ってみたい機材なのです。

ところがこのROCKMANというメーカー、今はもうないのです。ネットで調べたところでは

「創業者は業績が悪化した時に会社を売却。今は権利を持っている会社はあるものの、当時使っていた部品が少ないため再生産の予定もない」とのこと(Wikipediaより抜粋)

久しぶりのオークション

だがしかし、やはり僕がエレキギターを始めるきっかけになった当時の松本サウンドを、死ぬまでに一度は出してみたいよなーと思いまして。

 

ネットで調べたら意外とオークションサイトには出品されていることが発覚。でもやはりそれなりのお値段はするわけで。。。
いろいろ悩んだ末に、比較的お手頃な価格だったサスティナーという機種のそこそこのコンディションの物(音に関係する部分は問題ないけどネジがないとか外観には使用感アリ)を入手しちゃいました!

五年?もっとかも?ぶりのヤ〇オクだったので不安もありましたが、良心的な出品者の方で助かりました!

 

という訳で今回から三回に分けて初めて入手したROCKMAN Sustainorの開封から音が出せるまでの動画をお届けします!

 

動画撮ってみました

とはいえ、自室で喋りながら撮影する動画は初めてでして、聞き取りづらいところやカメラに触っちゃってガサッ!とか言ってるとこもありますが、そこは温かい目で見ていただければ幸いです。放送事故並みに何もしてないところはこれでも切ったんですが・・・You Tuberとかやってる人ってすごいなー。今後の課題ですw

あと・・先にお知らせしちゃいますが
今回の一本目は本当に開封してそのまま撮ってるので・・・
ちゃんとした音は二本目以降でw
それではつたない動画ですがご覧ください。

初めて買ったB’zのCD

 

このシリーズでは一人っ子の内気な中学生だった僕がB’zの音楽に出会うまでと初期のB’zにはまっていた頃の事を振り返っています。

TM NETWORKのサポートからB’zで活躍するまでの松本さんの事を知るきっかけになれば幸いです。

 初めて買うCDを選ぶ

さて、前回TM NETWORKのサポートギターの人が組んだバンドという事でB’zを知った僕は、B’zのCDを探しにレコード店に来ました。
しかし流石にTMのアルバムも買ってB’zのアルバムまで手を出すとお小遣いがピンチなので、とりあえずシングルを1枚買ってみようと思いました。
悩んだ末にその当時一番最近出たっぽい1枚を購入。
それがこちらです。
「LADY NAVIGATION」

LADY NAVIGATION
LDY NAVIGATION 裏側

こんなCDご存知ですか?

このシングル、なんか変な形じゃない?とお思いの方もいらっしゃるかも知れませんが、当時CDシングルと言えばこの縦長のケースに入った8cmCDが主流だったのです。
隣のアルバムと比べると、大きさの違いがお分かり頂けると思います。因みにアルバムや今のシングルは12cmです。

8cm VS 12cm


この8cmCDは古いラジカセだと12cmのアダプターを着けないと聴けない、という代物でした。我が家のラジカセはそのまま聴けたので「ラジカセが新しくて良かった」と思っていましたが、いつの間にかマキシシングルという形態が出てきて、8cmCDでシングルが出ることはなくなっていきました。今やCDラジカセやCDコンポといった機器も見かける機会が激減し、8cmCDはパソコンで聴くとき再生できるかドキドキするという何とも微妙な存在になってしまいました。

ケースも変わっていて、中を開けると下半分はただのプラスチックという…ここは手で折ると簡単に取れるので、取ってコンパクトにして保管している人も居ました。

 

8cm折ったところ

因みに下半分が折ってある方もTMNETWORKのGIRLです、c/wSAINT RAINも好きだったなぁ。

8cm折ったところ 内側


広がる世界、終わる厨二病

それはさておき。
このCDで僕はB’zも大好きになりました
1曲目のLADY NAVIGATIONも、2曲目のPleasure’91~人生の快楽~もカッコいいと思いました。
※1st beat、2nd beatと言う表記になっている事は当初は気がつきませんでした。
そしてこれがきっかけで、僕の
「TMNETWORKの音楽だけが一番」
というある種の厨二病的な価値観は崩壊しました。

丁度その頃、同級生にX (現在のX JAPAN)好きな人が居たり、お兄さんの影響で洋楽好きな人がBON JOVIやイングヴェイ等を貸してくれたりしたこともあって一気に世界が広がりました

「カッコいい音楽って沢山あるんだな~」と思えるようになったのです。その辺の話も色々ありますがまた別の機会に。

さて、このシリーズ6回目にしてやっとB’zにハマった僕ですが、
ここで僕の人生を大きく変える一枚のCDに出会うことになります。
長くなりましたのでそのお話はまた次回。
最後までお読みいただきありがとうございました!

その名はビーズ

このシリーズでは一人っ子の内気な小学生たった僕がB’zの音楽に出会うまでと初期のB’zにはまっていた頃の事を振り返っています。
ちなみに今は中学生時代の話です。

TM NETWORKのサポートからB’zで活躍するまでの松本さんの事を知るきっかけになれば幸いです。

夜のヒットスタジオ

前回TM NETWORKの名盤「CAROL」を手に入れた僕は「世界にはTM NETWORKの音楽しかない」と言う間違った価値観になりました。

そんなある日、夜のヒットスタジオでの女性司会者のひと言。

「TM NETWORKのバックでギターを弾いていた人が作ったユニットなんですよね!」

という言葉にテレビをみると、黒い衣装に身を包んだ男性二人組が出ていました。

そう言えばあの青いギターは見覚えがあるかも。と思っているうちに演奏が始まりました。
彼らが演奏した曲は「太陽のkomachi Angel」
・・・だったはず(おい)

B’zの音楽に出会うまでをお伝えするブログで、ようやく本題に近づいてきたのに「だったはず」ってなんだよ。

とお思いの方もいらっしゃると思いますが。
なにしろ「TMが一番」という偏った価値観だった僕は、

その時はこの二人組の

名前と曲名はちゃんと覚えてませんでした。

なんと失礼な話でしょう。

その名はB’z

数日後、このシリーズで度々登場するTM好きの同級生の女子と話してる時にふとこの事を思い出し、
「そう言えばTMのバックでギター弾いてる人がデビューしてるんだね」
と彼女に聞いてみました。
すると「あー知ってる、ビーズでしょ。結構前からやってるよ」とさも当然のようなお答え。

ビーズっていうのか。

お母さんがアクセサリーとか作るやつみたいな名前だなー。

とまたも失礼な感想しか浮かばなかったのですが、 音で聞いただけで表記も知らなかったのでお許しください。

そして彼女からデジャヴのような発言が。

「ビーズならNさんが詳しいよ」

なんだかRPGみたいですが、こうして僕は彼女の紹介でB’z好きのNさんと話すようになるのでした。
そしてNさんから「ビーズ」じゃなくて「B’z」と書くこと。

ヴォーカルの稲葉さんがカッコイイということ。
などなどを聞くのでした。

一人っ子の本領発揮

そして後日、お小遣いをもってレコード店に行った僕は考えます。
TMのCDも買ってるし、いきなりアルバム買ったらお小遣いがピンチだ、まずはシングルを買ってみよう!と。

もし当時の僕にアドバイスできるならこう伝えたいですね!

その女の子に貸してって言えよ!と。

この辺が内気な一人っ子だった僕の残念なところです。
話は聞きに行くくせに「そーなんだー貸してくんない?」とは言えないで

そこは自分でなんとかしようという中途半端な見栄

話がそれました。
という訳でひとまずB’zのシングルを購入しましたのですが、
何を買ったかはまた次回のお話にしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。